« 石中先生行状記(1950) | トップページ | 悪太郎(1963) »

2005/08/30

秋刀魚の味(1962)

小津安二郎監督の最高傑作はこの作品だと、私は思っています。

小津監督は早い時期から仏教を(隠れた)テーマとしているのですが、この「秋刀魚の味」以前の作品では多弁すぎたり、直接的すぎたりと、少々物足らなく感じていました。

この作品で、小津氏は娘を嫁に出した親の寂しさのみならず、人間の存在自体の苦しみをも見事に描き出しています。

« 石中先生行状記(1950) | トップページ | 悪太郎(1963) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Amazon

無料ブログはココログ