« シェルブールの雨傘(Les parapluies de Cherbourg,1964) | トップページ | ラ・マンチャの男(Man of La Mancha,1972) »

2005/08/30

キャバレー(Cabaret,1971)

とにかく、人間の心理を描ききった脚本が素晴らしい。自己卑下、自己顕示、他人を支配したいという欲望、愛に対する渇望などが、驚くべき方法で映像化されています。

特筆すべきは、時代状況を人間心理の点から、見事に表現していることです。ナチスの隆盛は、通常の人間心理の一側面の派生型であることが、よく理解できます。

« シェルブールの雨傘(Les parapluies de Cherbourg,1964) | トップページ | ラ・マンチャの男(Man of La Mancha,1972) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Amazon

無料ブログはココログ