« 悪太郎(1963) | トップページ | ショウ・ボート(Show Boat,1951) »

2005/08/30

会議は踊る(Der Kongress Tanzt,1931)

名作、名作と謳われているこの映画。なぜにこれが名作かと疑う場面もありましたが、見終わった感想は「やはり名作だった!」。

誰もが「堪える」という行為を嫌なものととらえているはずなのに、相手の幸せを願って堪えている人間を美しく感じるのは、どうしてなのでしょうか。

テーマ・ソングである“DAS GIBT'S NUR EINMAL”。

まだ、YouTubeが無かった時代、私は、どうしてもこの曲が聴きたくて、ドイツからCDを取り寄せました。

タイトルは、“200 DEUTSCHE ORIGINAL TONFILMSCHLAGER”で、このCDでは映画で流れているオリジナル版を聞くことができたのです。


曲は2分30秒あたりからはじまります。

« 悪太郎(1963) | トップページ | ショウ・ボート(Show Boat,1951) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Amazon

無料ブログはココログ