« キャバレー(Cabaret,1971) | トップページ | カイロの紫のバラ(The Purple Rose of Cairo,1985) »

2005/08/30

ラ・マンチャの男(Man of La Mancha,1972)

監督良し、脚本良し、俳優良し、音楽良しの完璧な作品。

ただただ、大勢の人に見て欲しいです。作品の構造、鏡の用い方等々、分析にあたってこの上ない素材ですが、下手な分析は不要と思わせる力があります。

特筆すべきは、主演のピーター・オトゥール。彼以外のドン・キホーテは考えられない。そう思わせるほどの名演を見せています。

ただ、彼の歌の部分は吹き替えだそうで、それが少々残念です。(声があまりにも似ていて、演技に劣らぬ迫力があるので、最初は全く気づかなかったほど。)

吹き替えだからといっても、オトゥールの価値が損なわれるわけではなく、セリフの場面も圧巻です。とくに、主人公の「セルバンテス」が劇中劇の主人公「ドン・キホーテ」へなりかわる場面のピーター・オトゥール渾身の口上が見ものです。

この口上が試聴できます。

こちらから飛び、飛んだページのListen to Samples の2番(Man of La Mancha)をクリックしてみて下さい。

また、テーマソングは、YouTubeでどうぞ。

« キャバレー(Cabaret,1971) | トップページ | カイロの紫のバラ(The Purple Rose of Cairo,1985) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Amazon

無料ブログはココログ