« へるめす通信16 | トップページ | へるめす通信17 »

2005/11/28

陸軍(1944)

昭和19年11月に完成した木下惠介監督作品。

「国策映画」の要素が全くないとは言えないけれども、当時のたいへんな制約の中で、一辺倒の主張に陥っていない点に感銘を受けました。

笠智衆演ずる高木と、初代水戸黄門でおなじみの東野英治郎演ずる桜木が、元寇の時に吹いた「神風(カミカゼ)」と日本の勝利との関係について語り合うシーンには、少々ドキリとします。

桜木は、カミカゼが吹かなければ日本はどうなっていたかと述べます。つまり彼は、日本が勝利したのはある意味、偶然の産物だと捉えているのです。一方で、高木はいきりたち、カミカゼが吹かなくとも日本は勝っていた、と言い張ります。


こんなふうに、この映画は、対極にある主張を戦わせ、見ているこちらをハラハラさせながら、時代の状況を浮かび上がらせようとしているのです。

さて、この映画で特に印象的な場面は、やはりラストではないかと思います。

田中絹代演ずる高木の妻は、当初、息子の出征の見送りに行こうとはしません。

ずっと天子さまから預かっていた息子だけれども、今ようやく、天子さまにお返しできる段になった。私の任は終わった。そして、たぶん見送りに行ったら、泣いてしまう。

そういう、もろもろの理由で、母は息子の出征を見送らず、家にとどまることを決意します。

けれども、時が経つにつれて、彼女はいてもたってもいられず、息子に一目会おうと追いかけます。ここからの最後までのシーンは、誰もが、なにかしら感動するに違いないと思う名場面の一つです。

ところで、同じ年に作られたアメリカ映画と比較すると、『陸軍』に描かれている日本の状況がより一層切なく感じられます。

例えば、アメリカでは当時、すでにカラー映画が制作されていました。

ジュディ・ガーランド主演の『若草の頃(Meet Me in St. Louis)』は、1944年に制作されたテクニカラーの作品ですが、そこに映し出されているのは、アメリカの圧倒的な国力と人々の明るさなのです。

« へるめす通信16 | トップページ | へるめす通信17 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Amazon

無料ブログはココログ