« 2006年2月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年4月の1件の記事

2006/04/25

18年度の講義

新学期がはじまりました。18年度の講義内容は以下の通りです。

●学習院女子大学

「比較神話学」

神話を分析するための様々な観点について、具体的な事例の分析を行いながら説明しています。

●都留文科大学

「現代日本文化社会論Ⅲ」

リースマン著『孤独な群衆』、山崎正和著『柔らかい個人主義の誕生』、田中康夫著『なんとなく、クリスタル』などの本を読んだり、「新世紀エヴァンゲリオン」、「ほしのこえ」などのアニメの内容を取り上げ、現代日本の「個人」のあり方について考えています。

「資料調査法」

学術資料の基本的な収集・整理方法の演習をかねて、浅草や新宿の軽演劇、特に、榎本健一が座長だったカジノ・フォーリーや、佐々木千里が主宰したムーラン・ルージュなどに関する事柄を調査します。

「比較文化基礎演習」

レヴィ=ストロースの『やきもち焼きの土器つくり』を読み、構造主義の方法論について考えます。

東京外国語大学

「文化人類学基礎 人文地理学」

差異空間的な事象の諸問題を考察しています。

●日本女子大学

「外国語演習 ⅠA/ⅠB」

前期はAnthony Robbins の『Notes from a Friend』を読み、アメリカの「自己実現を目指す思想」について考えます。後期のテクストは未定です。

「文化記号論(夏期講座)」

記号論の考え方やその方法を用いた事例分析の手法を学びます。

« 2006年2月 | トップページ | 2006年6月 »

Amazon

無料ブログはココログ