« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月の3件の記事

2006/07/28

マンダラ・ライブ

今日は、護国寺で行われている「チベット砂曼荼羅(すなまんだら)ライブパフォーマンス」に行ってきました。

曼荼羅(マンダラ)というのは、密教の世界観を視覚的にあらわしたもので、今日見たのは砂曼荼羅の中の「観音曼荼羅」というものでした。

チベットの僧侶が黄色白色赤色緑色青色の五色をメインに、様々な色に着色された砂を少しずつ振り落としながら、幾何学模様を完成させていきます。

説明によると、この五色には意味があり、黄色は地、白色は水、赤色は火、緑色は風、青色は空 をあらわしているということです。またこれらの色は、うぬぼれ、無知、傲慢、嫉妬、怒りという人間の五つの煩悩と五仏に対応している、というのです。

ところが、一週間かけて作成したこの曼荼羅、最終日には崩してしまい、川に流すのだそうです。

なぜ、そんなことをするのかというと、
現在かたちあるものもいつかは滅びるということ、
どんなに懸命になって築き上げても一切は無に帰するということ、
だからなにものにも執着しないことが必要であること、
こういったことを身をもって知るためなのだそうです。

とにかく、非常に緻密な密教の教義と、初めて見る「砂曼荼羅」に強く関心を惹かれました。
ちなみに、このマンダラ・ライブと一緒に、バター彫刻の実演や体験コーナー、チベット僧による声明(しょうみょう)などもあります。

声明は経文などに節をつけて唱えるというもので、今回、生で初めて聞きました。
こう言っては何ですが、非常に美しかったのです。
私の感覚でいえば、その節は古代ギリシアの音楽に似ていました。

ちなみに、古代ギリシアの音楽はCDで聞くことができます。
グレゴリオ・パニアグワ(GREGORIO PANIAGUA)が、パピルスや大理石などに残されていた断片を復元し、1978年に録音しています。CDのタイトルは “MUSIQUE DE LA GRÈCE ANTIQUE”です。

また、ハインリヒ・ハラー著『セブン・イヤーズ・イン・チベット』でおなじみ、チベット名物「バター茶」を試飲するコーナーもあります。
ハラーはこのバター茶に慣れるのにずいぶん時間がかかったと書いていたので、まずいのを覚悟して挑戦してみたのです。
ところが、かすかなバターの香りと塩(!)の味のするミルクティー色のお茶で、意外や意外、私はそれほど違和感なく飲めました。

このライブは、7月30日まで行っていましたが、ご興味のある方は是非、次の機会にでも足を運んでみてはいかがでしょうか。
チベット密教に触れてみたい方、実際に砂曼荼羅を見てみたい方にはお勧めです。

2006/07/15

ゴマんぞくにご満足 吉田のうどん

今週、山梨の都留文科大学で教えた帰り道でのこと。

JR大月駅にたどり着いたとたん、

あまりにも、あまりにもお腹がすいていることに気づいた私。
そういえば、昼食を満足に食べていなかったなあ。。。

そこで、何か食べようとあたりをきょろきょろ見まわすと、
駅の構内の立ち食い蕎麦屋(それは立ち食いではなく座り食いだったのですが)
の入り口で、

「吉田のうどん

と白抜きされた紺色の幟が風にハタハタひらめくのが目に入ったのでした。

「吉田のうどん」といえば、学生の○○ちゃんが、

「是非食べてみてくださーい」と言ってたっけ。
富士吉田の名物らしく、この幟を至る所でみかけます。
でも、まだ食べたことがない。

そこで思い切って、ガラガラッとガラス戸を引き、
「吉田のうどん(冷)」の食券を購入しました。

「お待たせぇ」というおばさんのかけ声に、
「はあい」と機嫌よくドンブリを受け取りに行きました。
「これ、かけて食べてくださいね」
おばさんの勧めに従って、受け取りカウンターに置かれている唐辛子のようなものをひとさじすくいとり、
振りかけようとドンブリを見て、「う?」

きゃ、キャ、キャベツぅ!?

そう、ゆでキャベツがのっているのです、うどんに。
(その他に、ゆでニンジンと油揚げの刻んだのも入ってましたが)

しかし、こうやって悪びれもせず、正々堂々と客に出すからには、
キャベツにもそれなりの理由があるのでは?
と、気を取り直して、うどんを一口。

「か、固い……」。

そういえば、○○ちゃんは、
「うどんがとてつもなく固いから、
まずはあったかーいうどんを食べてみてください」

って言ってたような……? 

あまりの暑さと、あまりの空きっ腹に、
ついつい彼女の忠告を忘れて「冷」を頼んでしもたよ。。。

けれども。
時が経つにつれ、えもいわれぬうまさと辛さが。。。

ええ、ええ、そうなんです。
うどんもなんですけど、
うどんにかけた七味唐辛子みたいなものが激うまなのです。

これは、単なる七味唐辛子なんぞでは絶対にない。

そう思った私は、異常にふくれあがった探求心を押さえきれず、
うどんを出してくれたおばさんに
「これは何ですか?」と聞いてみました。

すると、この七味唐辛子みたいなのは、

「激辛ゴマんぞく」

といって駅の売店で売っているとのこと。しかも、一個500円!

安い。買えるぞ、買えるではないか。
そこですかさず、一個購入!

あれから毎日、自宅で、
うどんと、ゆでキャベツと、「激辛ゴマんぞく」の日々なのです。

今度、大学に行ったら、
もう少し、いろいろなうどん屋さんを探索してみようと思っています。

みなさま、冨士吉田近辺にお出かけの際には、
是非とも「吉田のうどん」と「激辛ゴマんぞく」を食してみてください。

ただし、名前どおり激辛なので、
入れる量にはくれぐれもお気をつけ召されィ!

2006/07/11

『神々』を見つけた!

ついでがあって、近所のコンビニエンス・ストアへ立ち寄りました。

すると。。。

何やら見かけたことのある表紙がキラリ (*^^)v

そう、置いてあったんです。『神々』がっ!

これは嬉しい驚きでした。

というのも、ブログでコンビニ配本の事をお伝えしてはいたものの、私が立ち寄る店では何故か見かけたことがなかったのです。

それが、あの西村京太郎さんや東野圭吾さんの本の間で堂々と、表紙担当のイラストレーター長野剛さん渾身の4柱の神々が鎮座しておりました。

ご存じの方も多いと思いますが、長野剛さんは、ゲーム『信長の野望』や映画『スターウォーズ』のポスター等で有名なイラスト界の第一人者です。

先日(といってもかなり前)、ご本人にお会いしたのですが、とても気さくな方でした。そしてお話を伺っていて感じたのは、不断に努力を続けていらっしゃるのだということでした。

ちなみに、その時、中身のイラストを担当している仙田聡さんにもお会いしましたが、新進気鋭のイラストレーターで、今後ますます活躍される方だと思いました。

みなさま、ほんとうに、『「世界の神々」がよくわかる本』へのご愛顧、ありがとうございます。

『神々』は現在も躍進中です。今後ともよろしくお願いいたします。 <(_ _)>

★長野剛さんのイラスト集が発売中です。『神々』のイラストも載っていますので、興味のある方はどうぞ。

Nagano

長野剛 人物イラストレーションワークス(コーエー)

 

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

Amazon

無料ブログはココログ