« 明日から日本女子大学のスクーリングです | トップページ | ジャズ・シンガー(The Jazz Singer, 1927) »

2006/08/24

スクーリングとユンケルの効果

いやー、終わりました! 日本女子大学・通信のスクーリング。

去年まで、日本女子大学の夏のスクーリングは、
一日2コマ・6日間だったのですが、
今年はなんと一日4コマ(!)、9:00から17:00までを3日間。

これまで、一日3コマ話したことはあるのですが、
4コマは初めて。

スクーリングの初日、これまでの経験のためか、
15:00まではスムースに乗り切ったので、
学生の前で、
「一日4コマ、けっこうイケますね! できるじゃないですか、私」
などと調子に乗っていたところ!

朝からずっと立ち通しだったので、15:30くらいから膝が痛み出し、
声が割れはじめ、次第にかすれ……

教師の面目、丸つぶれ。(×_×)

あぁ、恐るべし、集中講義。

そこで、一日目の授業終了後に、自宅近くのドラッグストアに買いに走りました。
何をって、もちろん、

ユンケル黄帝液」!

いや、効くのなんのって、すごいですよ、ユンケル。
とくに、お高いのは。

二日目、三日目となんなく乗り切りました。

そういえば、昔、高校の教員免許を取った時に、
必修のボランティアで、
地元の小学校の運動会を手伝いに行ったことがあるんです。

その時、小学校の先生たちが、みなさん口をそろえて、

コレがないと、やってらんないわよ!

と言いながら、手の中で、ガキッと音をさせながらひねっていたのは、
まさに、ユンケル。

20代前半の私は、「そんなもんだろうか???」と
多少いぶかしく思っておりましたが、

今の私にはよーくわかる。

そう、確かに、

コレがないと、やってらんないわよ!

っていう感じなのです。

ところで、毎年のことなのですが、

通信のスクーリングが終わると、妙に切なくなります。

たぶん、学生のみなさんにやる気があるので、活気があって授業が盛り上がり、
一体感があるのに、

その一方で、本当に短いおつきあいで、

もう二度と会わない人がほとんどだ、と思ってしまうからなのかもしれません。

祭りが終わった後、みんな自分の家に帰って行って、

また今日から別々の日常が始まる。。。

と、いささか感傷的になってしまうのです。

みんなー! ガンバレー!!

と、心からのエールを送りたいです。

« 明日から日本女子大学のスクーリングです | トップページ | ジャズ・シンガー(The Jazz Singer, 1927) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Amazon

無料ブログはココログ