« ジャズ・シンガー(The Jazz Singer, 1927) | トップページ | フェリーニの『道化師』 »

2006/08/27

アヴァンギャルドなキハチ監督

最近、岡本喜八監督の作品を立て続けにいくつか見たのですが、「キハチ監督はもしかして、とてつもなく日本人離れした感覚の持ち主なんじゃないか!!」というのがその感想でした。

『独立愚連隊』にしろ、『江分利満氏の優雅な生活』にしろ、『ジャズ大名』にしろ、表現の革新性を求めつつ、内容的にも面白い。しかも集客能力のある作品に仕上がっているのです。

かといって、人を驚かせるような構成の映画ばかりでなく、いわゆるオーソドックスな映画だってちゃんと撮れる。『日本のいちばん長い日』なんか、その典型でしょう。

よく考えれば当たり前の話なのですが、正統をきちんと押さえた人が正統に挑戦し、わざと逸脱した時に、その作品が芸術的価値を持つのだと思った次第です。

いやー、なかなかにすごかった、喜八監督は。

 (2006年6月23日掲載のものです。)

« ジャズ・シンガー(The Jazz Singer, 1927) | トップページ | フェリーニの『道化師』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Amazon

無料ブログはココログ