« シロクマ、討ち取ったり!—鹿児島紀行(1) | トップページ | 極楽、極楽—鹿児島紀行(3) »

2006/09/19

「西郷でごわす」—鹿児島紀行(2)

鹿児島に到着した第一日目、つまり9月11日(月)に、飛行場から真っ先に向かったのが「天文館」。

Photo_2 天文館(てんもんかん)というのは地名でなく、
この辺り一帯の通称とのこと。

その名前の由来は、江戸時代の25代薩摩藩主、島津重豪(しまづ しげひで)の時代にさかのぼります。

重豪が、この地に、暦や天文学の研究を遂行できるよう、1779年に明時館、別名天文館を設立したのだそうです。

この由緒正しき天文館で、昼食に、念願の「こむらさき」のラーメンを食した後、

意気揚々、鹿児島市立美術館と黎明館(鹿児島県歴史資料センター)へ向かったのです。

途中、5m76cmの巨大な西郷隆盛の銅像がありました。

Photo_5

曇り空ですが、西郷さんもおるぞー!!

すっかり楽しくなった私は、「あ、西郷さんだー!! 西郷でごわす! 西郷でごわす!」とはしゃいでみたところ、地元出身の連れが、冷たく「あのね、『ごわす』は地元ではほとんど使わないよ」という、なんともショーックなお答え。

え? だって、鹿児島と言えば「ごわす」でしょ?

そうたたみかける私に、連れは「いや、それを喋っている人、聞いたことがない。『西郷でごわす』はテレビの見過ぎ」ときっぱり。

そうなんです。

「ごわんな・ごわしたな(=ございます・ございました)」は使うみたいなんですが、「ごわす」とは地元では使わない言わないようなんです。これはオドロキ・桃の木・山椒の木でした。

ちなみに、その後、美術館も黎明館も、月曜日でお休み(!)だったので、

(地元民よ、事前にしっかりチェックしろーい!)

しようがなく、西郷さんが自決した洞窟、通称「西郷洞窟」に足を伸ばしました。

Photo_7
地元民である連れは、「西郷洞窟は単に穴があいてるだけ」と言って渋ったのですが、せっかく鹿児島にやってきて、西郷さんの死に場所を見ないなんて! と粘りました。

この時にはお日様が照ってきて、汗だくになりながら、坂を上り、やっとたどり着くと………

確かに穴が開いているだけ。。。

しかも、ここで、ひどく虫にさされてしまい………。

 

やけくそになった私は、もと来た道をとぼとぼ帰るだけでは腹の虫が治まらず、この後、巨大なシロクマを一網打尽に退治したのでした。

あっぱれ!

« シロクマ、討ち取ったり!—鹿児島紀行(1) | トップページ | 極楽、極楽—鹿児島紀行(3) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Amazon

無料ブログはココログ