« 科学の日—鹿児島紀行(5) | トップページ | 東シナ海とカツオ—鹿児島紀行(6) »

2006/09/24

なんだ、そうだったのか—鹿児島紀行(5)番外編

そういえば、内之浦の宇宙空間観測所へ行ったときのこと。

Photo_12

観測所の入り口(地図の1)から、テレメータセンター(地図の5)やKSセンター(地図の7)をまわり、いったん入り口に戻りました。

それから、M(ミュー)センター(地図の8)に行こうとすると、係員のおじさんに止められ、宇宙科学資料館までしか行けませんでした。

どうも何かの実験をしているらしいのです。

確かに基地内が若干あわただしいような……?

ふーんと思っていたら、詳細が9月24日付けの読売新聞の社説に出ていました。

つまり、最後の「固体燃料ロケットM5」を80億円かけて飛ばそうとしていたわけですね。

あと数日待っていたら、ロケットの発射が見られたのかと思うと、少々残念。

« 科学の日—鹿児島紀行(5) | トップページ | 東シナ海とカツオ—鹿児島紀行(6) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Amazon

無料ブログはココログ