« 馬に近づけば—鹿児島紀行(8) | トップページ | イラストレーター・長野剛さんの展覧会のお知らせ »

2006/09/29

桜島よ—鹿児島紀行(9)

9月16日(土)、この日は鹿児島滞在の最終日。

私が鹿児島に行って初めて、きれいに晴れました。ただ、台風が来ていたので、明日には天気が崩れてしまうということ。帰京するのに、ちょうど良いタイミングでした。

さて、飛行場へ向かう途中、やっと桜島がきれいに見えました。

Photo_26 左の写真は、有村溶岩展望所から見た桜島です。

「我が胸の 燃ゆる思ひに くらぶれば
煙はうすし 桜島山」(平野国臣)

平野国臣が詠んだ歌碑もありました。

この歌はとても有名な歌ではありますが、こんなにきれいな桜島を見ると、たしかに、この歌を口ずさみたくなります。

Photo_32

こちらは、別角度から撮ったもの。

手前右側に溶岩。

写真の真ん中下に、避難壕があります。

桜島が噴火した時に、この穴に入るのだそうです。

へぇぇ〜。

この桜島に見送られて、私は帰途についたのでした。グッバイ・かごんま!

« 馬に近づけば—鹿児島紀行(8) | トップページ | イラストレーター・長野剛さんの展覧会のお知らせ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Amazon

無料ブログはココログ