« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月の8件の記事

2006/10/30

銭湯通いの日々来たる?

困りました ( -_-)

いきなりお湯が出なくなってしまったのです。

お湯をひねっても冷たいので、ヘンだな?と思っていたら、なんと給湯器が故障。
しかも、給湯器から水がぽたぽた漏れ、給湯室の床が水浸しに。下の階にも水が漏れているという始末でした。

ところが、修理を頼もうとしたら、昨日は日曜日……。
当たり前ですけれど、すぐには来てくれません。

秋深いこの時期に、水風呂に入れってこと?!

ということで、修理が完了するまでの間、

銭湯♨

に行くしかなさそうです。

銭湯なんて、本当に久しぶり、というより、ウン年ぶり。

思い返せば、東京に来たばかりの頃、私は、元のフジテレビの近くにあった、賄い付きの下宿に住んでいたのです。

三畳一間で、布団を敷いたら他には何にも置けず、トイレは共同、小さい冷蔵庫も共同、ガスコンロも共同のものが一台あったっきりでした。

もちろんお風呂は銭湯。

なぜに銭湯の壁のタイルには富士山が描かれているのかということを、皮膚がただれそうに熱い(本当に熱すぎる)お湯の中で、ぼんやりと考えたこともありました。

これでは、まるで「神田川」ではないか!
(ただし、ひとりきりの「神田川」ですが……。サミシイ …>_<…)

そうそう、ちなみに、「神田川」をめぐって、言語哲学者の丸山圭三郎がとっても面白いことを指摘しています。これを最初に読んだ時、私はゲラゲラ笑ったほどです。すっごく面白いので引用しておきますと、

 数年前になりますが、在日アジア人留学生と日本の学生が協力して、それぞれの国で親しまれているポップスや民謡を翻訳しあいました。(中略)
 ところが、翻訳作業はまことに困難を極めました。 
 ただ単語を置きかえていくなどという仕事ではないことは覚悟していたそうですが、文法上の問題以上に彼らを悩ましたのは文化そのものの違いだったのです。
 たとえば、かぐや姫が歌ってヒットした「神田川」をマレー語に訳したマレーシアの留学生には、まず「風呂屋」という語が翻訳不可能であったし、「同棲」は母国では恥ずべき行為。
 まして「洗い髪が芯まで冷え、小さな石鹸がカタカタ鳴る」まで待たされた女が、「あなたのやさしさが怖かった」などと言うその心情は、マレーシア人には到底納得できなかったと言っています。
(丸山圭三郎1994『言葉とは何か』夏目書房より。ただし適宜改行を施した。)

(^◇^)

もとい。

私の場合、「神田川」と違うのは、やけに贅沢なご飯を食べていたことです。
なんたって、学生相手に、オックス・テールからとったダシで煮込んだビーフ・シチューなんてのが出ていたんですから。あれですっかり舌が肥えました。もちろん体も例外ではなく……。

そんな記憶がよみがえってきました。

てなわけで、面倒だなと思う一方、

どこの銭湯にしよっかな♫

と物色したりしています。

例えば、温泉がいいなとか、ジャグジー付きも良いぞとか、やっぱりサウナかなといった具合です。

ちなみに、東京の銭湯は、場所や設備などがなんと検索できるのです。これも新しい発見でした。ご興味のある方はこちらから、どうぞ。

2006/10/27

載った! 上がった!

いやー、びっくり! アクセス数って上がるものですね! 

実は、本日より2週にわたって、『日経BP net』の中の「デジタルARENA」で、私のコラムが連載されることになっているのです。

今週のお題は「神話学とテクノロジー」です。

ところで、今朝、起きて、このブログへのアクセス数をチェックしてみたら、いきなり

ドーン

この連載をきっかけに、アクセス数が、ミヒャエル・エンデの『ネバー・エンディング・ストーリー』に出てくる「幸いの竜フッフール」のように(?)、ぐんぐん上昇中なのです。

地味にコツコツ書きためてきた、このブログ。
やっと日の目を見て、うれしい限りです (T_T)

今日初めて、このブログに来たあなた!

これからも、どうぞ、ごひいきに (^・^)チュッ

ゴホッ、ちょっと、はしゃぎすぎたようで……。

えーっ、と、

忘れずに言っておきますと、このコラムには「Net in My Lifeーそれはネットがあたりまえの日々の……」という共通のタイトルがあるのです。

各執筆者がその共通のテーマについて、インターネットの利点と欠点という視点で、それぞれ書き分けるというものです。

今週書いたのは、インターネットの利点。

次週は欠点なのですが、次回は、私が普段感じているインターネット上のコミュニケーションの問題をとりあげます。

ちなみに、この問題は、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)、中でもとりわけミクシィ(mixi)の急成長の謎を解く、ひとつの手がかりになると勝手に思っています。

こちらの方も、よろしくお願いいたします。

2006/10/25

『ゴドーを待ちながら』と「あめふりくまのこ」

いつだったか、漫然と聞いていたラジオから流れてきた童謡の「あめふりくまのこ(鶴見政夫作詞・湯山昭作曲)

それが流れたとたん、激しく感動して思わず涙ぐんでしまったことを、今日、CDの片付けをしながら唐突に思い出しました。

そこで、「もう一度聴いても感動するかな?」と、なかば挑戦するような気持ちで聞き直してみたのです。

すると、やっぱり期待に違わず、なぜかしみじみ……。

何度聴いても良い歌だな、とつくづく感じ入ってしまいました。

湯山昭氏の曲ももちろん素晴らしいのですが、鶴見政夫氏の歌詞も良い!

そこで、有名ではありますが、歌詞を少し抜粋してみましょう。

おやまに あめが ふりました
あとから あとから ふってきて 
ちょろちょろ おがわが できました

いたずら くまのこ かけてきて
そうっと のぞいて みてました
さかなが いるかと みてました

ところが、雨でできた小川ですから何もいません。ですが「くまのこ」は、手で水をすくって飲んだり、小川をのぞき込んだりしながら、魚をずーっと待つのです。

しかし、いつまでたっても、雨は止みそうにありませんでした。そこで「くまのこ」は、

かさでも かぶって いましょうと
あたまに はっぱを のせました(以上、鶴見政夫氏の作詞からの抜粋)

「くまのこ」はこの後さかなに出会ったのでしょうか。あるいは、お母さんの待つおうちに帰ったのでしょうか。

それらは、歌詞の中で一切何も触れられていないのです。

降り続く雨の中でさかなを待っている「くまのこ」。本当にいじらしく、頭をなでてやりたくなります。

けれども、この歌を聴いて感動するのはたぶん、「くまのこ」のいじらしさ以上に、いくら待っても「くまのこ」が待ち望む「さかな」はやって来ない。そのことを、私たちが知っているからじゃないかと思うのです。

待つ甲斐のないものを、ただひたすら信じて待つ。「くまのこ」は、ある意味で、私たち現代人の姿であると言えるかもしれません。

実は、この「あめふりくまのこ」と類似したテーマが、サミュエル・ベケットの二幕の戯曲『ゴドーを待ちながら』に描かれています(以下、ベケット『ゴドーを待ちながら』安堂・高橋訳、白水社より抜粋)

表題の「ゴドー」とはゴッド、つまり「神」のこと。

ヴラジミールとエストラゴンという二人の主人公が、来るあてのない「ゴドー」(つまり神)を待ちながら日々を送るという内容なのですが、この戯曲の最後のところには、次のように書いてあります。

(ヴラジミール) それより、あした首をつろう。(間)
         ゴドーが来れば別だが。

(エストラゴン) もし来たら?

(ヴラジミール) わたしたちは救われる。

 

しかし、いくら待ってもゴドーは来ません。そして突然、二人は首吊りの話を忘れたかのように、ここで別れると言い出すのです。

(ヴラジミール) じゃあ、行くか?

(エストラゴン) ああ、行こう。

 

これで戯曲は終わりです。が、ト書きには「二人は、動かない」と記されています。ようするに、二人は、今までと同じく、来るか来ないか判然としないゴドーを待ち続けるということなのです。(ちなみに、一幕目の終わりも同じ構成となっています。)

つまり、「神が死んだ」と言われる今日のキリスト教の伝統の中で、現代人がどのような状況に置かれているか。それを、ベケットは、ヴラジミールとエストラゴンという二人の姿で描いているのです。

ある日、生まれた。ある日、死ぬだろう。同じある日、同じある時、それではいかんのかね? 女たちは墓石にまたがってお産をする、ちょっとばかり日が輝く、そしてまた夜。それだけだ。

神が存在しないなら、生きる価値も死ぬ価値もなくなる。人生の意味もなくなり、人は死ぬためだけに生まれてくる。つまり、人の生は死と同価ということになる。時間の経過にも何の意味もない。

だからこそ、人は、ただ生きるだけの虚無の状態から救ってくれるゴドーの到着を熱望しているわけです。

ところで、ゴドーを待ちつづけているのは、キリスト教文化圏の人々です。しかし、そうでない日本の童謡に、類似したテーマがあった。このことに驚くばかりです。

では、「あめふりくまのこ」が待っている「さかな」とは、いったい何なのでしょうか。

2006/10/17

ドトーの一週間!

先週はじめに合宿&寺山修司原作の舞台を観劇してからこのかた、ドトーの一週間でした。

講義その他の合間をぬって、10月12日は山口昌男先生と、室内楽を聴きに、浜離宮朝日ホールへ。

Photo_36 演奏者は、なんとあの「ボロディン弦楽四重奏団」とピアニストの原田英代さんで、プログラムは、シューベルトの「死と乙女」と「鱒」でした。

実は、山口先生、原田さんと長いおつきあいだそうで、演奏会終了後、先生は感激のあまり涙ぐまれていました。というのも、原田さんにシューベルトの演奏を勧めたのは、山口先生なのだそうです。

確かに、音がとてもよかったです。


Photo_35 ところで、すっごーいおまけが一つ。

公演の記念に、先生が私にボロディン四重奏団が録音した「死と乙女」のCDをプレゼントしてくださったのですが、そのCDに、原田さんはじめ、ボロディンのみなさんが、サインしてくださったのです! 

みなさん、本当にありがとうございました (^○^)

原田さんの次の演奏会が楽しみです。

それから、10月13日(金)は、シェイクスピアの「夏の夜の夢」を見に、三百人劇場 へ。

Photo_37 今回の特筆は、妖精パック役の平田広明さん。

私は「夏の夜の夢」をいろいろな劇団で4回くらい、映画だと3本くらい見ていますが、どうも最後のパックの口上が良いと思うものがなかったのです。

ですが、今回の平田さんの口上は、もう完全にセリフが平田さんのものになっているという感じで、とてもセリフとは思えないほど、ナチュラル! こんなにもうまく、感動的なパックの口上は初めて聞きました。

「夏の夜の夢」は、妖精の世界と人間の世界が接するという、神話学的にも興味深い素材ですが、現代の日本人にとてもとっつきやすく、しかもたいへん面白い戯曲です。

興味のある方は、どうぞ一度、観劇なさってください。公演は10月29日まで続いています。

2006/10/15

寺山修司は「神話」の宝庫である(3)

10月9日(月)、それは、都留文科大学のゼミ合宿から帰ってきた日の夕方だったのですが、私、元気に、寺山修司の『狂人教育』の舞台を見に、東京都江東区の森下にあるベニサン・ピットに行ってきました。

(最近、ベニサン・ピットに行くことが多く、すっかり近辺の地理に詳しくなりました。)

今回の舞台は3パターンあったのですが、たまたま私が見たのは、1962年の寺山修司の原作通りのバージョン。

ストーリーは、ある「操り人形」の一家の物語。その一家の中に、誰か一人だけ狂人がいると指摘されたため、その一人を捜し出し、抹殺するというものです。

これを見て考えたことは3つ。

第1に、この寺山の作品は、ノーベル賞作家であるルイジ・ピランデッロの『作者を探す六人の登場人物』を彷彿とさせるという点です。

普通に考えれば、ある作品に出てくる作中の「登場人物たち」というのはフィクションで、その戯曲を描いた「作者」は「登場人物たち」を生み出し、動かす存在であるわけです。

ピランデッロの作品で言えば、「登場人物たち」は「作者」よりも下位の存在であるし、寺山の作品で言えば、「人形たち」は、彼らを操る「人形師たち」や、そもそもこの戯曲を生み出した「作者」よりも下位の存在であるわけです。

逆に言えば、「作者」や「人形師たち」というのは、「登場人物たち」や「人形たち」を動かす存在なので、いわゆるメタ・レヴェルに立っているはずなのです。

ところが、ピランデッロの『作者を探す六人の登場人物』も、寺山の『狂人教育』も、どちらも下位に位置する「登場人物たち/人形たち」が、自分たちよりもメタ・レヴェルに立っているはずの「演出家・俳優たち/人形師たち」の中に入り混じり、その階層性を乱すという構成を取っています。

寺山修司とピランデッロの違いは、ピランデッロの『作者を探す六人の登場人物』には「作者」が登場しないのですが、寺山の作品では、作者である「寺山修司」にまでコメントが及んでいることです。寺山修司が戯曲の中で「登場人物である人形たち」に「作者・寺山修司」に対する言及をさせているんですね。(ややこしいですが……。)

そして、「作者」でさえも、「登場人物たち」のいずれが狂人なのかを判定できないという構造になっている。つまり、「作者」は超越的存在ではありえないことが、ほのめかされているのです。

この点において、ピランデッロの作品よりも凝った作りになっているなあと思った次第です。

2点めは、人々がどういう人物を「狂人」と考えるのか、ということ。

寺山の結論は、共同体の成員から外れた行動をとり、無邪気で、政治的機敏に疎く、比較的弱者の地位にある者。つまり『狂人教育』において、寺山は、共同体における弱者が犠牲になると解釈していると思われます。

このあたりの戯曲の持って行き方は、かなり思弁的な感じがしました。

確かに、寺山が描くように、一般的には弱者が排除されると考えがちです。けれども、よく考えてみると、弱者ほど強者のマネをするはずなのです。排除されたくないがゆえに。

この箇所に、この段階での寺山修司の思考の弱点があらわれていると思うのです。それは、おそらくニーチェの提出した問題と関係しています。

ニーチェは「アンチクリスト」の中で、次のように述べています。

善とは権力を求める意思であり、悪とは「弱さに由来するいっさいのもの」である。また悪徳よりも有害なのは、「すべての出来損い的人間と弱者に対する同情的行為」である、と。

そして、こう断言しているのです。

弱者と出来損いは亡びるべし   
   (以上、ニーチェ『偶像の黄昏 アンチクリスト』白水社)

かなり過激な言辞ですね。

ちなみに、ここでニーチェが言っている、「すべての出来損い的人間と弱者に対する同情的行為」とは、キリスト教のことです。この言説の妥当性については検討の余地があると思います。しかし、この批判はそのまま寺山修司の作品の弱さをも、えぐり出していると私は考えています。

この弱さの問題は、戦後日本の思想を考える上でも重要なので、改めてどこかの紙上で論じようと思っています。が、とりあえず今述べておきたいのは、ニーチェが、善悪の彼岸、すなわち何が良くて何が悪いのかという枠組の発生を考察したのと同様に、寺山は、この後、狂気を生み出す共同体の秩序構造へと目を向けていくということなのです。

それが私が興味を持った第3の問題で、寺山修司の戯曲は深化しているということになります。

寺山が監督・脚本をつとめた映画『田園に死す』(1975)などを見ると、過去と現在の記憶の問題、共同体社会の内部と外部、農村型社会と都市型社会という対立項を立てることによって、戯曲が構成されています。

これらは『狂人教育』には登場していない枠組で、端的に言うならば、<秩序形成の動態構造の戯曲化>と言えるでしょう。ここには、紛れもなく、寺山修司が読んでいたと思われる文化人類学者・山口昌男氏の影響がうかがえます。

ところで、舞台の方ですが、とくに人間のように動いていた人形が、いかにも人形といった風情にもどるところなど、見事でした。

機会があれば、別の寺山の戯曲の舞台も見てみたいと思いました。演出家である流山児祥さんのブログを発見しましたので、興味のある方はこちらから、どうぞ。

2006/10/10

合宿、終了!

10月7日(土)から9日(月)まで、都留文科大学の学生のみなさん(女性ばかり9名)と合宿に行ってきました。

昨日までの大雨と打って変わり、7日からは上天気!
日頃の行いの良さ(?)が、こういう時にモノを言ったのでしょうか(笑)。

しかし、よく考えてみれば、8日なんぞ、午前9時から午後10時まで、途中食事・休憩の3時間を除いて、ミーン、ミーン、ミーンじゃなくて、ゼミ、ゼミ、ゼミ……。
午後10時で打ち切ったのは、ひとえにお風呂が午後11時までだからという理由でありまして。
我ながら、恐ろしいスケジュールを立てたものです。はい。

ですが、学生のみなさんは、ものすごーく真面目についてきてくれ、盛会のうちに終了!
なかなかの盛り上がりだったのでは? と、ひとり満足しております。

ところで、途中、研修室に大きな蚊が何匹も出現し、みんなで刺されてしまったのでした。
私も、鹿児島での虫さされがようやく治ったかに見えた腕や足に、さらに新しい虫さされの跡ができてしまいました。
この歳になると、なかなかすぐに消えてくれないのですね。今だに、治療中です。

2006/10/06

「ごめんなすっ展展」と「信長の野望」

9月30日にお知らせを書きました「ごめんなすっ展展」。

これは、長野剛さんと7人のイラストレーターの方々による、時代物の作品の展覧会です。

私、昨日、行ってまいりました。

着物にちょんまげといった定型スタイルを描くわけですから、ある意味、表現対象が制限されているように思ってしまうのですが………。

作品を見ると、なるほど、描き手によって、こんなにも様々な可能性があるのだと感じ入った次第。

時代物というのは、考えてみれば、なかなか面白い企画だと思います。

ところで!

「ごめんなすっ展展」の二階では、ゲーム『信長の野望』のパッケージになった長野さんの原画も展示されておりました。

長野さん御本人の御説明を受けながら、実際に目の前で原画を見てみると、長野さんの細部へのこだわりがはっきり見て取れました。

剣の光り具合、衣のひだ、皮膚の陰影、髪の毛など、一つ一つがそれぞれの質感をきちんと表しています。

想像していたよりも、かなり大きいサイズ。通常のポスターよりも大きく、本やパッケージでいつも拝見しているのよりも、やはり迫力があります。

長野さんにうかがったところ、2週間で書き上げるとのこと。

これがたったの2週間!?

中でも私の目を引いたのは背景。登場人物たちの像と全く異なる筆致で、丁寧に描かれていたのに、とても感心しました。

確かに原画を見ないとわからない部分があるのですねぇ。

ということで、時代物だけでなく、「信長の野望」のイラストにご興味のある方も、ぜひどうぞ。

なお、11月にも長野さんの別の作品の展覧会があるそうです。こちらも楽しみです!

2006/10/01

小栗判官と照手姫

9月30日(土)、またもや山口昌男先生とご一緒に、神奈川県藤沢市の遊行寺本堂で行われている「遊行かぶき 小栗判官と照手姫」に行ってまいりました。

Photo_33 舞台の前に、「をぐりシンポジウム」が行われ、山口先生はそのコメンテーターでした。

まずは、国際日本文化研究所の小松和彦先生による基調講演。

そのあと、この舞台の演出家である白石征さんを司会として、漫画家の近藤ようこさん、演劇評論家の田之倉稔先生、そして山口先生の順番でパネル討論が行われました。

ちなみに、演出家の白石さんは、寺山修司のお弟子さんだそうです。

音楽も寺山作品には欠かせないJ. A. シーザーさんのものでした。

とても見応えのある作品ですが、残念なことに、今日一日限りで終了してしまいます。

Photo_34 左に遊行寺の地図も載せておきましたので、ご興味のある方は、Hurry Up !!

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

Amazon

無料ブログはココログ