« 原画を見に行こう | トップページ | 『世界の神々』のポストカードと小林秀雄の仕事術 »

2006/11/19

これは見るべし!

昨日、久々にすごい舞台を見た。これまで200本以上の舞台を見てきて、間違いなくトップテンに入るだろうと思われるものだった。

Photo_40それは、「劇団☆A・P・B-Tokyo」による寺山修司の映画『田園に死す』の舞台化である。(左は公演パンフレット)

原作が戦後の戯曲の傑作のひとつであるのは間違いないが、その戯曲を生かし切った演出もすばらしかった。

とくに、照明の使い方、灯りの用い方。

非常に効果的で、ひどく感心したのだった。

ところで、改めて『田園に死す』を見直すと、寺山修司という作家は、自分の来歴を徹底して内省した人だと痛感する。

それは精神分析学の用語や観念に通じているということではなく、自力で自分の精神の軌跡をたどったということである。

このことは実際に精神分析をした人でなければ理解できないことだろうが、記憶というのは、平気で人を裏切り、できるだけ良く見せようと取り繕ってくるものなのである。

思い出したくない出来事を思い出そうとすると、記憶というのは、最初、自分にとって都合の良い、当たり障りのない形になって出てくる。

けれども、丹念に自己の心を遡っていくと、次第に、本当の記憶、自分にとって嫌な記憶が思い出されてくる。

しかも、あまりにも辛すぎる記憶を思い出すという作業は苦痛を伴う。言い換えれば、ありのままの記憶というのは、想像もできないほど手強い相手なのだ。

そのため、それを掴み出すには、想起を丹念に繰り返していく粘り強さと、一種の素直さとを必要とするのである。

このあたりを、寺山修司はよく理解し、見事な形で作品化している。

これは寺山が、精神分析学を見せびらかしとしてでなく、自らの生きる方法として実践していたことの証ではないだろうか。

いろいろと考えることの多かった、実りある舞台であった。

この劇団の今後の活躍に注目したいと思う。

なお、『田園に死す』は11月19日(日)の二回の公演で終了してしまうので、明日にでも、もし無理なら次の機会にでも是非ご覧ください。

また、寺山修司については、このブログ内のエッセイのコーナーでも、未完ではありますが、考察しています。ご興味のある方はこちらもどうぞ。

« 原画を見に行こう | トップページ | 『世界の神々』のポストカードと小林秀雄の仕事術 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Amazon

無料ブログはココログ