« 『日本の神話・伝説を読む』の紹介と「クソマル」 | トップページ | 『ハイスクール・ミュージカル』の射程 »

2007/06/23

増刷のお知らせと大きな亀

みなさまにご愛顧いただいております、
『「世界の神々」がよくわかる本』と
『世界の「神獣・モンスター」がよくわかる本』ですが、
二冊同時に増刷が決定しました!

これで、『神々』は27刷、
『神獣・モンスター』は5刷となります。

ありがとうございます。
これからもご贔屓のほど、よろしくお願いいたします。

そうそう!
贔屓(ひいき)という言葉、
日本では「目をかける」という意味でおなじみですが、
実は、中国では「贔屓」というのは龍の子供なんです。

ただし、その場合、読み方は
「ひいき」ではなくて、「ひき」。

ちなみに、諸橋轍次の『大漢和辞典』を引くと、
「ひき」は「大きい亀」と書かれています。

この亀は重い物を好むといいます。

贔屓が龍の子供であることと合わせて、『升庵外集』(しょうあんがいしゅう)という文献に記されています。

Rimg0007_1_2

Hiki_3

上は『升庵外集』の中の龍の子供に関する箇所です。

ということで、

『神獣・モンスター』の中にも、「贔屓」が出てくるのですが(p256)、
そこでのルビは、以上のことを踏まえて、「ひいき」でなくて、「ひき」としてあります。

決して誤植ではありません。(^-^)

« 『日本の神話・伝説を読む』の紹介と「クソマル」 | トップページ | 『ハイスクール・ミュージカル』の射程 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Amazon

無料ブログはココログ