« 東急セミナー、始まりました | トップページ | ルクレティア伝説 »

2007/07/30

あぁ、今日も。。

最近のワタクシの行きつけの場所。

それは、新刊書店と古本屋のラノベ(ライト・ノベル)とマンガ、それに加えてレンタルビデオ店のアニメのコーナーです!

いやはや、かつてこれだけ通い詰めた場所があったっけ? と思えるほどの通いっぷりで、ほぼ一日に一度は訪れるというありさま。

こう書くと、そっちの世界の中毒かと思われるかもしれませんが、実はこれも仕事のうちなのです。

今、3つほど、執筆しなくてはいけない仕事を抱えているのですが、その中の1つ、「現代の若者文化の神話学的な分析」についての仕事の都合で、アニメを見まくり、マンガやライト・ノベルを読みまくるという生活を送っています。

もちろん、他の2つの仕事もやらなくてはいけないので、生活の全部がアニメに染まっているわけではないのですが、気を抜くと、うっかりアニメのセリフが口をついて出てくることがあります。

例えば、「どこどこへ行こう」という、何の変哲もない日常会話が、うっかり「行くべや」になっていたり。。 「○○ちゃん、ごめんねェ」のイントネーションが北海道弁のそれになってたり。。。 (ちなみに、これは、アニメ『最終兵器彼女の影響で、後のセリフは主人公「ちせ」の口癖です。)

そうかと思えば、紅茶を飲む時に、「お湯の温度がぬるすぎるわ」と、『ローゼンメイデン』の主人公の「真紅(しんく)」ばりに、女王様の口調になっていたり。。。(主題歌の試聴が出来ます。こちらからどうぞ。)

はぁー  (-。-;)
本当に、すぐに染まります。

「この仕事、楽しそう」「いいなぁ」と思う方もいるでしょう。

実際、ワタクシも、最初のうちは「楽しくできそう」などと、ウキウキしていたのですが、最近では、かなり、きっつーい!!

なんといっても、アニメを見ていて、「おっ? これは重要だ」という場面が出てきたら、いちいちDVDを止めてメモしなくちゃいけません。

つまりは、ダラダラ見ることができないんですね。

それに、「なんで、こんな描き方をするんだろう?」と疑問に思うような作品、どちらかというと、私に不愉快な感情をもたらす作品こそが、真の意味での問題作だということが分かっているので、とにかく、じーっと我慢して終わりまで見て、自分の中で起こった不愉快さの原因を作品の中から探り出し、分析し、その上で、その作品をきちんと位置づけておかなければなりません。

つまりは、嫌な作品ほど、途中で止めることができないんですね。

要は、娯楽ではなく仕事で扱うということ。今、私が直面しているのは、その苦しさなのでした。

これは、アニメだけじゃなくて、マンガもラノベも同じなので、たいへんです。

それに、なんたって、ラノベ・コーナーで、制服姿の中高生の間をかき分けながら、「チェック本リスト」を片手に突き進んでいるオトナは、まわりをどう見渡しても、ワタクシ一人なのであります。あの時は、ちょっと恥ずかしかった。。。

と言いながら、これからも、書店に通い続けるのでしょう。

« 東急セミナー、始まりました | トップページ | ルクレティア伝説 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Amazon

無料ブログはココログ