« 岩波書店へ行ってきました | トップページ | 何が可笑しいかって »

2008/08/29

パクリか? あるいはコラージュか?

昨日は、雨の中、寺山修司の『邪宗門』を見に、阿佐ヶ谷にある小劇場「ザムザ阿佐ヶ谷」に行ってきました。

ちなみに、最近よく「ザムザ阿佐ヶ谷」というか、「ザムザ阿佐ヶ谷」の入っている「ラピュタビル」に行くことが多いのです。

まず「ラピュタビル」の説明をしますと、地下1Fに小劇場「ザムザ阿佐ヶ谷」、2Fに小さな映画館「ラピュタ阿佐ヶ谷」、3Fと4Fにレストラン「山猫軒」が入っている複合施設のこと。

「ラピュタビル」のラピュタとは、みなさんご存じの、宮崎駿監督作品『天空の城ラピュタ』にちなんでいるものです。

実際に行ってみるとわかるのですが、建物の外装は、阿佐ヶ谷の街の中にそびえ立つ、まさしく天空の城のようで、すんごくお洒落。「山猫軒」も宮沢賢治の『注文の多い料理店』から取っていますし、小劇場のザムザはもちろんカフカの『変身』から。

今、こういう小さな街の映画館というのは、とても貴重だと思います。

本当は、昨日、デジカメを持っていって写してこようと思ったのですが、雨だし夜だし、やっぱりダメ〜! ということで、「ラピュタ」のホームページを貼り付けておきますので、写真だけでも建物の雰囲気を味わってみて下さい。こちらからどうぞ。

さて、肝心の寺山の『邪宗門』なのですが、いつものように、寺山修司なるものが炸裂しておりました。寺山修司はパクリの天才みたいな人で、他人の作品でよいと思った表現や素材などをかまわず取ってきて、つぎはぎしながら作品を作ってしまいます。演劇的コラージュないしはモンタージュを狙った作品なのだと思います。

そういえば、少し前、フェリーニの『8½』を見たときに、「あれ? このセリフ、どこかで聞いたような……?」と思ったら、寺山の『田園に死す』の中のセリフだったということがありました。他にも、私が突き止めたのは、『田園に死す』に登場する娼婦の有名かつ寺山がさんざんあちこちの戯曲に登場させているセリフが、じつは、石坂洋次郎の初期のマイナーな短編から取っていたということ。この2つは、そっくりそのままではなく、多少改変してはいますが。。。

で、話を元に戻しますと、今回の『邪宗門』は、他人のというよりは、過去の自分の作品のつぎはぎで構成されていました。そういう作品も非常に多いのですが、今回は、見ていると「あっ、あれだ!」と思うことがとても多かったです。

しかも、脚本のセリフだけでなく、過去に書いた自分の評論の表現も使っていたので、寺山作品をここ数年見続けていた私もかなり唖然。「どうしてこんなにネタを使い回して平気なの!? 私にはわかりません!」と質問したいと思うほど。悪く言えば、ネタの使い回しの一言で済んでしまいます。

ただし、アフォリズムの巧みさには素晴らしいものがあります。もちろん、それも、寺山のオリジナルではなく、どこかの誰かの作品からもじってきていると推測できるわけですが。おそらく彼に言わせれば、独創性なんてものは近代的な個人を前提にした幻想だ!ということになるのでしょう。

生きていたら、今、どんな作品を創っていたのでしょうか。こんなふうに想像をめぐらせて、歴史上の人物と架空の対話をしてみるのも、意味のあることと言えそうです。

さて、話は飛びまして、『神々』と『神獣・モンスター』、またまた増刷です。これで、『神々』は36刷、『神獣・モンスター』は15刷です。

« 岩波書店へ行ってきました | トップページ | 何が可笑しいかって »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Amazon

無料ブログはココログ