« ちょっと芸術のハナシ 藤沢昌子先生 | トップページ | 忙中に »

2008/09/28

西郷信綱先生の思い出

国文学者の西郷信綱(さいごう のぶつな)先生が25日にお亡くなりになりました。

私はここ数日、都留文科大学の学生と一緒に合宿をしていて全くニュースを見ずに昨日帰ってきましたので、不覚にも今日になるまで亡くなられたというニュースを知りませんでした。

本当は、合宿その他のことをブログに書こうと思っていたのですが、やはり今日は西郷先生の思い出を記しておきたいと思います。長くなりますが、ご興味がありましたら、お読み下さい。

私は、たった一度だけ、当時89歳の西郷先生に直接お会いしたことがあります。

当ブログのプロフィールのところにも書いてありますが、そのきっかけをつくってくださったのは、文化人類学者の山口昌男先生です。

山口先生は私の『クソマルの神話学』を読んで下さり、「あなたは西郷信綱を彷彿とさせる。西郷さんにひきあわせるから」となんとも恐れ多いことをおっしゃってくださって、忘れもしない、2004年2月上旬の寒い頃に、歴史学者の大隅和雄先生と山口先生と私の3人で、西郷先生のご自宅にお伺いしたのでした。

山口先生は、西郷先生のご自宅に伺う前に、「『クソマル』を西郷さんの自宅に送っといて」と軽くおっしゃったのですが、私は西郷先生と全く面識がありませんでしたし、西郷先生といえば大西郷(だいさいごう)と呼ばれた大学者、殿上人のような存在でしたので、その西郷先生になんといってお手紙を書いたものやら、とにかくたいへん悩んだことを思い出します。

しかも、私は、この本の中で、西郷・山口両先生のことを批判しておりまして、自分が批判するお2人に加えて、大隅先生という、巨匠3人に挟まれて、西郷邸のソファーに座っているということがなんとも信じられないという思いでした。

このエピソードを話すと、よく聞かれるのが、「西郷信綱ってどんな人?」ということ。それほど、最近の西郷先生は人前にあまり出ずに研究と執筆をなさっておられたのでした。(そう言えば、その時、西郷先生は、集英社新書で刊行された『日本の古代語を探る』の原稿を書き上げられたばかりで、生の手書き原稿も拝見しました。)

で、肝心の私の西郷信綱先生のイメージですが、「一言で言えば、西郷先生はとてつもなく、かっこいい!」というもの。とても89歳に見えない、精悍(せいかん)な筋肉質の肉体と、深い思索の跡がうかがえるお顔をしていらっしゃったのです。

驚いたことに、西郷先生は、横浜市立大学を55歳で退職後、ご自宅近くで30年以上もの間、自ら畑を作り、ほとんど自給自足のような生活を続けてこられたと言います。

これに関して、面白いエピソードがありまして、先生が近くの荒れ地を開墾して畑にしていたら、近所の人から、「先生、そこには何の遺跡があるのですか? 土偶か何か出るのですか?」と尋ねられたとか。確かに、西郷先生が土をいじっていたら、そう見られてもおかしくありません。

そして先生は、「遺跡じゃないよ、これからここで畑をつくるんだよ。みんな、手伝ってー!!」と返したとか。これには一同、大爆笑でした。ちなみに、私に向かって、「健康で長生きする秘訣は畑を耕し、野菜を食べること。野菜を食べなさい」とおっしゃっておられたことも、教訓の一つとして私の中にしまってあります。

さて、西郷邸に伺ってから後、私は拙著『猫はなぜ絞首台に登ったか』(光文社新書)を書き上げ、西郷先生にお送りしたところ、先生から恐れ多くも感想のハガキと電話をいただきました。

また電話では「ロンドンやパリもいいけれど、日本の○○○(カタカナ3文字)をやりなさい。僕がやろうとして、いろいろ勉強したけれども、結局手をつけなかったテーマだ」とおっしゃっていただきました。

○○○とは、その言葉を聞いたとたん、「あまりのテーマの深さに、目がくらみます。」とお答えしたほどの、それこそ一生をかけて取り組むべき遠大なテーマでした。○○○については、実は、注意を払ってはいるのですが、いまだに手がつけられていないのです。

Saigosign_5 そして、今考えれば、これが先生との最後の交流だったのですが、ちくま学芸文庫から『梁塵秘抄』を出版された時、ご本を送っていただきました。

(新聞紙上に西郷先生の写真が掲載されていますが、私がお会いした西郷先生に一番近い写真はこの本のものです。)

その後、西郷先生はお体の具合を悪くされ、今年のお正月に、山口先生と大隅先生に混ざって、私も西郷先生のご自宅に伺う予定が延期されて、26日の訃報に接することになりました。

今後、西郷先生級の学者は誕生するでしょうか。若い世代の学者の中から西郷先生のお仕事を超える者は果たして出てくるでしょうか。はなはだ心許ない状況ではありますが、なんとか頑張っていかなければと思っています。

西郷信綱先生のご冥福を心からお祈り申し上げます。

« ちょっと芸術のハナシ 藤沢昌子先生 | トップページ | 忙中に »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Amazon

無料ブログはココログ