« 自己実現のための勉強法(10)―「自分自身のテーマあるいは視野の広げ方」編(5) | トップページ | カリフォルニア大学からの留学生@都留文科大学 »

2009/04/19

銀座カンカン娘(1949)

確かに、歌は知っていました。笠置シズ子さんと高峰秀子さんが、二人で歌を歌っていたのも知っていました。だけど、この映画がこんなに感動的だとは、知らなかった!!

流行るものには何かがある。しかも爆発的にヒットしたものには、見過ごせない何かがある。

と思わせる力を持った作品です。

物語はとてもシンプル。芸術家志望なのに、ピアノが買えない「お春」(笠置シズ子)と、絵の具が買えない「お秋」(高峰秀子)の二人が、お金をかせぐために銀座のバーで歌を歌うという話。

ところが、こんな、なんてことのない話なのに、見終わった私は興奮して、帰りの電車の中で読もうと思っていた本が読めなかったのです。いつまでも余韻に浸っていたくて。

とくにいいのは、一番最後の場面。そこでは、名人・5代目古今亭志ん生の芸がたっぷりと楽しめるのですが、その芸の使い方が味わい深い。歴代の日本映画のラストシーンの中でも、傑出の一つだと思わせる終わり方です。「なるほど。そうか、こういう終わり方もあるのか」と。

YouTubeに「銀座カンカン娘」がアップされていました。

ちなみに、「銀座カンカン娘」の映画DVDで発売されています。

« 自己実現のための勉強法(10)―「自分自身のテーマあるいは視野の広げ方」編(5) | トップページ | カリフォルニア大学からの留学生@都留文科大学 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Amazon

無料ブログはココログ