« 『國文學』休刊と教養の喪失について | トップページ | ブリテンズ・ゴット・タレント2009 その後の話題  »

2009/05/31

『大航海』よ、お前もか!

二週間ほど前、『國文學』の休刊について書いたばかりなのに、今度は、『大航海』(新書館)が6月5日号で休刊になるというニュースです。

『大航海』といえば、『現代思想』(青土社)の編集長として名を馳せ、その後評論家としても活躍している三浦雅士氏が、青土社を辞めた後に編集に携わっている季刊誌です。そして、この手の雑誌の中では、20世紀後半の活発だった現代思想の余韻を今なお伝え続けていたはず。毎号の表紙も凝ったデザインで、私としては気に入っていたのですが、やっぱりダメだったのですね

思うに、リアリズム小説に対してジョージ・スタイナーが述べた言葉が、今度は思想や批評についても当てはまる事態となったということなのでしょう。

「『現実』が小説に打ち勝ち、小説家は報告者になりさがってしまった。」『トルストイかドストエフスキーか』白水社1968)

つまり、株価の変動の理由をニュースで後から報告しているのと同じで、思想家や批評家・学者は、出来事が起こった後で、その出来事を、自分たちが依拠している様々な理論によって辛うじて説明を試みているだけだということなのです。

これでは、日々の出来事が、インターネットをはじめとする様々なメディアで瞬時に伝えられ、常に新しい状況が展開されつつある世界の中にあって、個々の出来事の思想的な意味づけを主眼とする雑誌の力は衰えるしかありません。

しかも、出来事を解釈する理論自体に目新しさがないわけですから、出来事の新しさの迫力の前では、1ヶ月あるいはそれ以上遅れて出版される雑誌の影響力など、風前の灯火。なんといっても、インターネットを見さえすれば、数分単位で情報が更新されるわけですから。

ところで、この5月の最終週、私はインターネットを通じて、BRITAIN'S GOT TALENT(音が出る事がありますのでご注意!)という、6日間におよぶイギリスで放映された番組のコンテストを見ておりました。ええ、もう寝不足でございます。

この番組、ご存じの方もいらっしゃると思いますが、3年前には、ポール・ポッツ(Paul Potts)という名前のテノール歌手を見出した番組です。そして今年は、スーザン・ボイル(Susan Boyle)という名前の、スコットランドのとある村の出身の48歳の女性が華々しくデビューしたことで有名になりました。

この番組の影響力は超強力で、なんとYouTubeでの総閲覧数が、スーザン・ボイルさんの予選通過の模様を伝える動画だけで、3億回に近いとのこと。しかも、ファイナルステージの優勝者には、日本円にして1500万円相当の賞金と、エリザベス女王の前で演技をお披露目できるという特典がついています。今回の優勝者は、その約3億回閲覧されたスーザン・ボイルさんではなく、ダイヴァーシティ(Diversity)というダンスグループでした。

私のお気に入りは、スタブロス・フラットリー(Stavros Flatley)という親子のコメディ・ダンサーとシャヒーン・ジャファゴリ(Shaheen Jafargholi)という名前の12歳のシンガーです。

是非是非、その実力の程をYouTubeでご覧下さい。片や何とも言えない笑いがこみ上げてくるダンス。彼らのダンスは癖になり伝染します。そして片やマイケル・ジャクソンに優るとも劣らない歌唱力です。このシャヒーン君ですが、デイリーメイルによれば、彼には既にディズニーも目を付け、その実力を買ったとのこと。

さて、この番組、イギリスで放送されて大体30分ぐらいすると、インターネットでも映像のクリップが配信されるのです。ですから、日本にいながらにして、番組を時間差で楽しめるわけです。

加えて、番組の配信と同時にThe Sunをはじめとする様々な新聞(例えば、The Daily MailTelegraphなど)がこの番組を話題に取り上げるので、いろいろな事実に関する暴露情報を同時に得ることができるのです。

関係ないですが、今回、この番組を見ながら、はじめてThe Sunを読んでみたのです。なるほど、この手の話題、対象となっている人物を知って読むと、この新聞ほど面白いものはないような気がしました。あまりにパンチの効いた皮肉に、思わずゲラゲラ笑ってしまったほど。

閑話休題。

というわけで、即時性に関しては、<新しい出来事>の圧倒的な衝撃に、批評が負けてしまうことは確かなようです。批評が出来事を意味づける前に、さらなる新しい出来事の情報が伝達されるので、批評が干からびてしまったように感じられるからなのだと思います。

しかし、先ほどのスタイナーが言っているのですが、批評には、「われわれがもたらした判断の変化が、絶対正しいものでもなければ、いつまでも永続きするものでもないということを」『言語と沈黙 上』せりか書房1969自覚させる力があります。

そしてそれに加えて、私が考えるに、自分たちの世界の現在のあり方が、どのようなものであるのかという事を認識させ、新たな世界を切り開いてくれる機能もあります。

人文学を研究する魅力もそこにあるのだと、例えば、古典研究の名著、エリック・A・ハヴロックの『プラトン序説』(新書館1997)などを読むと理解できるのですが、いずれにせよ、インターネット時代における批評のあり方を、本格的に考えなければならない時期に到達したのだと思うのです。

« 『國文學』休刊と教養の喪失について | トップページ | ブリテンズ・ゴット・タレント2009 その後の話題  »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Amazon

無料ブログはココログ