« 富士学会・第8回シンポジウム(2009年6月20日)のお知らせ | トップページ | 『アルレッキーノ 二人の主人を一度にもつと』に行ってみた »

2009/06/29

打ち合わせの日々

大学の講義と死生学のCOEの仕事で繁多なのはいつもの事ですが、それにもまして天手古舞いの日々を、このところ送っていました。

特に先週は、「これだけ、毎日、打ち合わせばかりしているのも珍しい」というくらい、連日、何かの打ち合わせ、ないしは打ち合わせ準備のようなものをしていました。(その合間に、原稿書きとチェック・訂正。)

ああ、時間が欲しい。。。

さて、打ち合わせの中には、拙著『猫はなぜ絞首台に登ったか』(光文社新書)を編集してくださった、光文社・新書編集部の小松現さんとの再会がありました。

最近、小松さんから、光文社のPR誌『本が好き!』に掲載するエッセイのお話をいただいたりして、けっこうメールでのやりとりはしていたのですが、実際にお会いするのは、本当に何年かぶり

知らない間に、小松さんは副編集長に昇進していて、

しかも、昨今、書店に行って、平積みの棚を眺めれば、必ずと言っていいほど、その方と目が合う、3代目・自転車名人、

あの、勝間和代さんの、

『お金は銀行に預けるな』なども手がけられていました。

(小松さんによると、勝間さんのいろいろな著書の中で、この本が一番売れているとのことです。)

ちなみに、私のエッセイですが、2009年7月10日発売の8月号(通巻38号)に掲載されることになっております。

それから、先週の特記事項としては、なんと、某テレビ局の某番組からの接触がありました。

まだお話だけなので、実際に出演と相成るかどうかはまだ不明ですが、たいへんありがたく思ったのと同時に、心の底から驚きました。

なんといっても、番組のホストがあのV6のみなさんなので。。。

モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!

ラジオには出たことがあるのですが、テレビは……。はてさて、どうなるでしょう

« 富士学会・第8回シンポジウム(2009年6月20日)のお知らせ | トップページ | 『アルレッキーノ 二人の主人を一度にもつと』に行ってみた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Amazon

無料ブログはココログ