« 長野剛さん作品展のお知らせ | トップページ | 第4回能楽事始のお知らせ »

2009/09/20

近刊 『大人のための仏教童話』(光文社新書)のお知らせ

今日は、私の新刊について宣伝をさせていただきます。

あと1ヶ月、10月17日前後だと思いますが、ひさびさの単著

大人のための仏教童話 人生を見つめなおす10の物語

が、光文社から新書版で刊行される予定です。(*゚ー゚*)

現在、再校ゲラに訂正を入れている最中ですが、もう出版されると宣言してもいい頃かと思いましたので、お知らせする次第です。

今回の本はどういうものかといいますと、

新美南吉の『ごん狐』や『手袋を買いに』、

芥川龍之介の『蜘蛛の糸』、

それから仏典童話の作家として有名な花岡大学(はなおか だいがく)の作品などを読みながら、その中に描かれている仏教的な意味を読み取るというもの。

本書に掲載している童話の中には、あまりに感動して、涙が拭いても拭いても止まらなかったという物語もいくつか含まれております。

なお、この本を編集をしてくださったのは、『猫はなぜ絞首台に登ったか』(光文社新書)でもご一緒しました、光文社新書編集部の小松現・副編集長です。

小松・副編集長と新書編集部の方々のおかげで、著者もびっくりするような、素晴らしいタイトルとサブタイトルになりました。(それから帯もよいです!)

いつも思うのですが、編集者の方々のタイトル付けの才はすごいと感心します。

本文を書いている著者も思いつかないような。

文章全体を一言でずばりとあらわしているような。

そうそう、それ、それと膝を打つような。

そういうタイトルとサブタイトルになっています。

ちなみに、この本を執筆するに至ったいきさつについては、仕事の紹介の欄で述べておきました。興味のある方はどうぞ。

« 長野剛さん作品展のお知らせ | トップページ | 第4回能楽事始のお知らせ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Amazon

無料ブログはココログ