« 自己実現のための勉強法(13)―「自分自身のテーマあるいは視野の広げ方」編(8) | トップページ | スーザン・ボイル、恐るべし »

2009/09/13

このごろ、私的に流行るもの

最初に謝っておきます。いつも当ブログに来て下さる方、申し訳ありません _(._.)_

ここのところ、ずーっとブログの更新が止まっておりました。ある仕事が原因で。。。

このため、かなり忙しい日々を過ごしておりました。もう少ししましたら、この仕事について、お知らせできるかと思います。

ところで、どんなに忙しくても、どこかに何か面白いことはないかなーと探している、ワタクシ。ここ数日のお気に入りを2つ御紹介します。ご興味のある方のみ、おつきあいくださいませ。

1つめは、日本の新聞でも写真入りで紹介された、フロレンタイン・ホフマン(Florentijn Hofman)氏のラバーダック

写真を見た瞬間、「うきょおおおおーっ!」と絶叫しました。あまりのかわいさに。。

そして、他の作品はないのかと、ホフマン氏のホームページを見つけ、そこに飛んで過去の作品をいろいろと見て、「だはははっ!」と大笑い。

いや、いや、作品がでかっ! 

そして、本当にかわいい!

ホフマン氏のホームページはこちらです。ホームページの一番上の「PROJECTS」をクリック、次に写真がたくさん出てきますので、それらをクリックしてみてください。心がなごむこと、うけあいです。

2つめは、サム・ツイ(Sam Tsui)さん。

今日、アメリカのYahoo!の記事のトップに挙がっていたので、「これは何?」と思ってクリックして、出てきた動画にショーック!! 

以下、私がショックを受けた動画(マイケル・ジャクソン・メドレー)です。

「なに、これ、すんごく歌のうまいグループだ!」と思ったら、実はボーカルは全員サム・ツイさんが担当。彼は、プロかと思ったら、まだCDも出ていない現役の大学生とのこと。

(左の口のパーカッションだけは友人のカート・シュナイダー(Kurt Schneider)さんが担当と思われます。)

しかし、アメリカのエンターテインメント業界にはときどき、「どうして今までデビューしていなかったの?」と質問したくなるような実力者がぽっと出るのに、驚いたり、感心したりすることがあります。

それから、Yahoo!のトップに挙がったため、画像へのアクセス数がそれまでとは雲泥の差で、飛躍的に伸びたのです。私が画像を見ていたら、ほんの20秒くらいの間にカウンターが激増していくので、見ているこちらもなんだか興奮してしまいました。

今、アメリカでは、サム・ツイが流行しつつある?

サム・ツイさんのMySpaceはこちら。Musicの箇所をクリックすると、別の歌も聞けます。ご興味のある方はどうぞ。

« 自己実現のための勉強法(13)―「自分自身のテーマあるいは視野の広げ方」編(8) | トップページ | スーザン・ボイル、恐るべし »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Amazon

無料ブログはココログ