« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月の3件の記事

2009/10/26

花岡大学のすすめ

今日は、新刊『大人のための仏教童話 人生を見つめなおす10の物語』の中で取り上げた花岡大学(はなおか だいがく)のことについて、ちょこっとコメントします。

花岡大学は、仏教学者であり、作家であり、僧侶でもあった方ですが、仏典の中に記されている、ホンの小さな物語を換骨奪胎し、ほとんど花岡大学の創作と言っていいような形で、しかも子供が読めるようなわかりやすい表現で、童話をたくさん書いています。

童話なので、さらっと読めてしまいます。けれども、これは、一言では言い表せないほど、非常にたいへんな作業だったのではないかと思われるのです。

一例を挙げてみますと、花岡大学の作品の中でも傑作と思われる童話に、『アマリリスのような おんなの子』や『蟇仏(がまぼとけ)』といった作品があります。

『アマリリスのような おんなの子』は今回の私の本の中でも取り上げていますが、この箇所を執筆するにあたって、私は、この童話の原典である和綴じ本の経典『根本説一切有部毗奈耶雑事(こんぽんせついっさいうぶびなやざつじ) 巻第十六』を借りてきて、チェックしてみました。

Photo_2 左の画像がそれです。(和綴じ本をコピーしていますので、裏の文字が透けて見えています。ちなみに、アマリリスのような女の子の物語は、この画像の中ではなく、もう少し先に書かれています。)

さて、原典である漢文を読んでみると、花岡大学の童話には、いくつかの改変が施され、しかもそれが何とも言えない味わいを醸し出していることに気づきました。

たとえば、原典の中で描かれている女性が、童話の中ではアマリリスの花のような風貌をした少女となっていること。これは物語の中で非常に効果的だったと思います。

それから原典は、非常に短く、淡々と書かれているのに、童話の方では女の子の家に押し入る山賊のかしらの気持ちが細かく書かれていること。童話の方に加筆されている風景描写が物語を非常に生き生きしたものにしていること、などなど……。

花岡大学はこのごくごく小さな話を、あれほどの感動的な物語に作り上げたのか。そう思うと、その努力と情熱に対して、敬意を表したいと思うのです。

Hanaoka_3  

花岡大学の作品は、定価ではなかなか入手するのが難しくなっているのですが、『仏典童話全集』(法蔵館)や『花岡大学仏典童話』(ちくま文庫)などに収められている作品を、図書館などで読まれてみてはいかがでしょうか。

2009/10/16

黒崎宏先生より『<自己>の哲学』をいただきました

Kurosaki_3 哲学者の黒崎宏先生より『<自己>の哲学 ウィトゲンシュタイン・鈴木大拙・西田幾多郎』(春秋社)を送っていただきました。 m(__)m

すでに、このブログのあちこちで書きましたし、自分の本の中でも書いているのですが、私は大学院の博士課程の2年の時から2年間、当時、成城大学で教えていらした黒崎先生の授業を聴講した、いわゆる「もぐり学生」でした。

だから、私は先生の教え子と一応は呼べるのかもしれませんが、正式の学生ではないのです。(しかし、授業に出るにあたっては、先生の許可は取っています。)

私がもぐっていたのは、学部の授業でした。私にとって黒崎先生の授業は、とにもかくにも非常にわかりやすく、かつ論理的、毎回とてつもなく刺激的で、別に単位が取れるわけでもないのに、ほとんど休まず授業に出ていました。

この時の授業は本当に出てよかったと思えるものでした。

最初の年はウィトゲンシュタインの「言語ゲーム」論の解説と、ノーマン・マルカムの本の講読。(これは、のちに『ウィトゲンシュタインと宗教』(法政大学出版局)というタイトルで出版されています。)

2年目は、クリプキの『名指しと必然性』『ウィトゲンシュタインのパラドックス』の解説でした。

ある日、授業の最初から教室にいた学生は、私ともう一人ということがありました。さすがの先生も、教室に入ってこられた時にはびっくりしたお顔をなさっていたのを覚えています。この後、遅れてきた学生がいたので、さすがに授業の最後まで2人ということはありませんでしたけれども。

ところが、3年目、私は日本女子大学に助手として就職してしまったため、その年を最後に定年退職される先生の授業に出ることができなかったのです。この年の授業は、オースティン『言語と行為』(大修館書店)ライル『心の概念』(みすず書房)の講読でした。参加できず、本当に残念でしたが、かろうじて、先生の最後の授業の時に、勤務先からお休みをもらって、御挨拶に伺いました。

それ以来、私は書き上げた論文や本を先生にお送りし、先生からはありがたくもご本を頂戴するようになりました。おそらく、先生は私の顔は覚えておられないことと思います。ほとんど教室の中で、下を向いて、ノートをとっていたのですから。そして、もう何年も、私は先生に直にお目にかかることなく、この著書と年賀状のやりとりだけを続けています。

けれども、先生のご本やご講義が、私に大きな影響を与えたことは間違いないのです。そして、この黒崎先生との出会いがなければ、今回の本(『大人のための仏教童話』)も執筆できなかったと思います。とくに、仏教の空性を理解する際に、ウィトゲンシュタインの「言語ゲーム」の観点からのアプローチが、たいへん参考になりました。

最後に、本の奥付を見てみたら、黒崎先生は今年で81歳! 81歳で新刊書を出されるのは、すごいの一言です。

2009/10/09

本日、見本が届きました!

Douwaall 本日、『大人のための仏教童話 人生をみつめなおす10の物語』(光文社新書)の見本が届きました。

発売日は10月20日ですが、アマゾンではもう予約できるようです。なお、店頭に並ぶのは16日頃の予定です。

帯にご注目! 光文社新書編集部・小松現(こまつげん)副編集長の力作コピーです。

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

Amazon

無料ブログはココログ