« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月の5件の記事

2010/01/25

中沢新一書店に行ってきました!

ここ3、4日、かなり忙しかったので、記事のアップが遅れてしまいましたが、1月22日(金)、池袋のジュンク堂書店で行われた、中沢新一書店のトークセッションに参加してきました。

ジュンク堂は、販売する書籍を普通に置いてあるコーナーのほかに、特定の作家が自分の推薦する本を置く「作家書店」なるコーナーを設けています。

前回の店長は木田元氏でしたが、これまでに12名の方々が店長となっています。

そして、昨年の12月から、この作家書店の店長が中沢新一先生となったのですが、実は、このコーナーで、拙著『クソマルの神話学』(青土社刊)が取り上げられているのです。

私はこのことを、中沢新一書店を先に見に行かれた知り合いの方から教えていただきまして、一面識もない中沢先生が私の本を読んでくださっていたのかと、たいへんびっくりするのと同時に、とてもありがたく思いました。

そこで、中沢新一書店を見に行きつつ、こんなチャンスはめったにないので、同時にお話も伺おうと思い立ち、トークセッションに申し込んだというわけです。

当日、ジュンク堂に行ってみましたら、トークセッションは満員御礼。とにかく、人、人、人……。前にも後ろにも左右にも、とにかく人でした!

あまりのぎっしり感が私にはどこか懐かしく、ハテ、この感覚はかつてどこかで味わったような……と過去の記憶を探ってみたら、「そうだ、アングラ演劇(しかも寺山修司系列)を見に行った時と同じだ!」と、ハタと膝をうったのでした。

さて、しばらくすると、中沢先生が会場に入ってこられて、「今回のトークセッションは2回目なのですが、1回目にも来た方はどれくらいいらっしゃいますか?」と尋ねると、驚くことに、半分以上がリピーター!

そういえば、昔、山口昌男先生と私がある学会に行った帰り道、車の中で雑談していた折に、私が「やっぱり、話上手というのは、良い学者かどうかの目安になりますね。もちろん、良い学者がすべて話上手というわけではないと思いますが……」というようなことを言ったら、山口先生が間髪入れずに「中沢新一は話がうまい!」。

そして、私はジュンク堂のトークセッションで、山口先生のおっしゃった通り、確かに「話がうまい」と実感したのです。リピーターの多さも、そのことを証明していると思います。

中沢新一書店にご興味のある方は、こちらからどうぞ。6月6日まで、池袋のジュンク堂書店の7階で開催されています。

ちなみに、翌日1月23日(土)の午前中は東急セミナーBEで講義し、午後は東大の東洋文化研究所で行われたセミナー「東アジアにおける『民俗学』の方法的課題」に参加しました。

2010/01/19

リスの水上スキー

最近の私のブログは、ときおり面白びっくりな特技を持つ動物たちの特集かと、自分でもつっこみをいれたくなるような体をなしていますが、またまたそのネタです。

今回のは、ツィギーという名前のリスによる水上スキー。映像を御覧になればわかりますが、かなりの腕前。

1月19日付けのDaily Mail の記事によれば、ツィギーにこの芸をしこんだのは、ルー・アン・ベストさんという女性。ある年、フロリダを襲ったハリケーンが、木の頂上の巣から一匹のリスを吹き飛ばしました。そのリスがツィギーなのだそうです。それ以来、ツィギーはこのパフォーマンスをしているとのこと。

ツイギーは相当有名らしく、YouTubeで、「Twiggy squirrel」と英語で入力すると画像がたくさん出てきます。中には130万回以上の再生回数があるものもあります。

ということで、ツィギーの水上スキーをお楽しみください。

2010/01/14

『大人のための仏教童話』、新しい書評が出ました

今週から大学の授業やら、会議やらが入ってきて、やっと新年がスタートした感じです。

ところで、今日、大学構内をてくてくと歩いていると、たいへんご無沙汰していた赤川学先生にばったりお会いしました。

新進気鋭の赤川先生は、最近とみにご活躍されていて、いつもなら、そんなところではお会いできない忙しい方なのです。

ご存じの方も多いかと思いますが、たとえば、赤川先生の出されている本といえば、

大著『セクシュアリティの歴史社会学』(勁草書房) をはじめとして、

『子どもが減って何が悪いか!』(ちくま新書)、などなど。

ちなみに、ちくま新書のタイトルは、ご自身で考えられたとのことです。

ともあれ、二人とも、「あれ〜!」「どうも〜!」とひとしきり新年の御挨拶。

その後、なんと赤川先生から、「東さん、仏教にまで進出されて……」と、新著のことについてもコメントをいただき、汗顔の至りでした

さて、その新著『大人のための仏教童話』ですが、浄土真宗本願寺派の教学伝道研究センターのホームページ上で、書評していただきました。ページは、こちらです。ありがとうございました。

2010/01/10

高山宏講演「『かたち三昧』で三昧」に行ってきました

高山宏先生が講演されると風の便りで聞きまして、昨日のことなのですが、行ってきました、新宿の朝日カルチャーセンター。

高山先生の講演、私は今回で2度めとなります。

最初は、忘れもしない、2007年9月9日の紀伊国屋ホールでの講演でした。この時、私は山口昌男先生とご一緒に行ったのですが、山口先生は現在入院中ということもあって、今回は私一人。あの時の講演から2年4ヶ月も経ったのだなあと、少々感慨に耽ってしまいました。

今回の企画は、『かたち三昧』(羽鳥書店)という先生の御著書の出版を記念したもので、講演の題目は、「「かたち三昧」で三昧」。

私は今、ちょうど高山先生の著作、たとえば『アリス狩り』(青土社)などを、これから書かなければならない自分の著書の執筆のために読み直している最中だったので、これはグッドタイミングと思い、朝日カルチャーの講座に申し込んでみたというわけです。

さて、高山先生のお話は、いつものごとく多岐に渡っていて、とても一言でまとめきれるものではありません。けれども、今回私がとくに面白かったことを一言で言うと、私も前々から着目していた、詩人ジョン・ダンについてのもの。

高山先生の『かたち三昧』のトップに挙がっているのが、ジョン・ダンのコンパスをうたった詩なのです。そして、今回の講演は、なぜこの本がジョン・ダンから始まっているのかということの説明から始まったのでした。

この話を聞いている最中、私の頭の中で、離れたところにあったいくつかの点が、バシッと結ばれていくのを感じました。自分の中に潜んでいた問題がはっきりとした形を取り始めたということでしょうか。丸一日経った今でも、こういう感覚が残っています。

2010/01/01

あけまして、おめでとうございます

あけまして、おめでとうございます! 2010年も始まりました。

昨年、私は『大人のための仏教童話』(光文社新書)の出版や、『新潮』と『本が好き!』への久しぶりのエッセイの寄稿など、執筆関連ではかなり恵まれた一年でした。

ところが、師走に入り、あと少しでクリスマスという時に、なんと、パソコンがクラッシュ寸前。 

間一髪で最悪の状況は免れましたが、夜の7時以降、池袋のビックカメラに2度も足を運ぶ羽目に……(1度めはパソコン購入、2度目はファイヤー・ワイヤー・ケーブル購入のため。)

とにかく、新しいパソコンが宅配されるのを待っていたのでは、データの移行が間に合わないかもしれないと思い、自力でなんとか自宅にパソコンを運びました。

ああ、年末なのに、寒いのに、体のあちこちが痛すぎました……。

ということで、苦労と出費の甲斐あって、初代 iMac G5が、今では、Intel iMacの最新型になりました。あまりの速さ、あまりの画像の美しさにびっくり、うっとり。。。

今年はいかなることが待ち受けているのでしょう。

どうぞ、みなさまにも良いことが訪れますよう。心よりお祈り申し上げます。

本年も「東ゆみこのウェブサイト」をよろしくお願いいたします m(_ _)m

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

Amazon

無料ブログはココログ