« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月の4件の記事

2010/02/26

やっぱり、すさまじい、橋本進吉の古代国語の音韻

そういえば、昨日のインタビューのために、ここ数日間いろいろな本を読み返していて、やっぱり、これはちょっと他の本とレベルが違うと思ったのが、橋本進吉『古代国語の音韻に就いて』(岩波文庫)

私は、修士で、学部の時の専門(人文地理学)ではなくて、比較神話学に専攻を変えたのですが、指導教授(吉田敦彦先生)の所属は日本語日本文学研究科。

そこで、大学院に入学する前に、日本語学の勉強もしておく必要があるだろうと踏んで、とある先生に相談したところ、勧められたのが東條操の『国語学新講』(筑摩書房)でした。

これを読破して、なんとか入試を突破し、修士に入ってからは学部の授業にも出席し、古典研究のやりかたを勉強しながら、英書の翻訳(これは後に『海からの花嫁』というタイトルで法政大学出版局から出版されました)と、吉田先生のレヴィ=ストロースの『神話論理』の講読の授業、さらには比較神話学の勉強に取り組みました。

着手して間もなく、翻訳には翻訳の難しさ、一流の研究者の著作の読解には読解の難しさがあることがわかったのですが、日本の古典研究には、めまいと絶望みたいなものを感じたのです。一朝一夕には到達できない日本の古典研究の底の厚さというか、重厚さのようなものと言っていいかと思います。

たとえていうなら、真に正統派の学問が奏でるクラシック音楽を、初心者がいきなり弓を渡されて、「さて今からあなたにも弾いてもらいましょう」と言われた時、「私にひけるだろうか」とかなりの不安と躊躇を感じるようなもの。

そして、そのめまいと絶望と不安の源は、なんといっても本居宣長の業績、とりわけ『古事記伝』を紐解いた時に起こったのです。とにもかくにも、そのすさまじさといったら! 圧倒されたと言ってよいような状態でした。

ところで、宣長が自分の古典研究を進めるうちに気づいたこと、けれども時間がなくて自分では研究を進めることができなかったことを、宣長の弟子の石塚龍麿(いしづか たつまろ)が膨大なデータにあたって達成しました。

その研究がなにしろ画期的! 発想自体が当時の日本にないわけで、いわゆる読者にパースペクティブの転換を強いてくるような類の研究なのです。

そして、この時のいきさつと研究内容を初心者にもわかりやすく解説しているのが、冒頭で述べた橋本進吉の『古代国語の音韻に就いて』です。

石塚龍麿をまねしたわけでもないのに、石塚と同じ見解(いわゆる上代特殊仮名遣)を持つに至った橋本進吉だからこそできる、非常にわかりやすい、みごとな、力わざの解説となっています。

ソシュール言語学やウィトゲンシュタインの言語観を知ってしまった今となっては、この本に書かれている言語観には賛同出来ない部分があるものの、今のようにコンピュータに入力されたデータを検索して結果を容易に入手するのではなく、コンピュータのない時代に手作業で、こういう成果を生み出していたことに、感動すら覚えます。

これは一読の価値あり! です。

2010/02/25

電通に行ってきました

Rimg0003_7 今日、神話に関するインタビューを受けるために、初めて電通本社へ行ってきました。

「電通本社ビルはとにかく、でっかいっすよ」

私にこう話したのは、いきつけの美容室の美容師のおにいさん。彼はたまにテレビCMの撮影の時にタレントさんのメイクを担当するような人なのですが、その彼が一度だけ、CM撮影があったために電通本社ビルに行ったとのこと。

そういう話を聞いていたのですが、私も本日、初めて実際に行ったところ、感想は、

「確かに、で、でかい……」。

昔、講談社のビルに行った時、「ここはパルテノン神殿か!」と思ったことがありましたが、電通ビルの衝撃はそれに匹敵するものでした。写真の柱に御注目! dentsuの文字が!

インタビューはなかなかに楽しく、しかもこれまでにやってきたことを包括的にアウトプットできた感がありました。3時間があっという間でした。

2010/02/12

なかなかの映画 ノー・マンズ・ランド

ここでコメントするには今更な感があるのですが、本日見た映画がなかなかの出来!

タイトルは、『ノー・マンズ・ランド(NO MAN'S LAND)』

2001年に公開され、その年のカンヌ国際映画祭の脚本賞や、2002年のゴールデングローブ賞やアカデミー賞の外国語映画賞を受賞している作品です。本当に今更なのですが、本日、私、遅ればせながらようやく見たというわけです。

素材はボスニア紛争。でも、映画の中で描かれているテーマは、ボスニア紛争にとどまらない普遍性を持っています。

反戦映画と銘打たれていますし、DVDの中の特典映像の箇所で、監督・脚本をつとめたダニス・タノヴィッチ氏も反戦映画だと述べているのですが、そう単純にひとくくりにはできない複雑さを持っています。

それから、監督のユーモアにも感動しました。戦争映画を見て、これだけゲラゲラ笑ったこともちょっと記憶にない位、笑いました。

当然のことながら、いかに戦争中とはいえども、人間には笑いとかユーモアの側面が共存しているわけです。監督は実際にボスニア紛争の際に兵士として戦闘に参加したそうですが、これはすべて自分の見たことだと述べていました。

これについては、昔、私が習志野で、あるおばあさんから戦争中の体験をヒアリングした時、彼女は「空襲の最中にはやることがないので、防空壕の中で、ネコを押さえつけて蚤を取っていた」と言っていたことを思い出しました。

とにかく、描写が非常に多面的。ご興味のある方は是非、御覧になってみてください。

2010/02/09

来年度、読みたい本 ベンヤミン、オルテガ、石田英一郎

今ちょうど、来年度担当する授業のシラバスを作成している最中で、これが(毎年のことながら)頭痛のタネ。。。

私の場合、できるかぎり毎年授業のテーマを変えようと努めているのですが、そうすると、かえって自分の首を絞めることにもなります。

なんといっても、初めて話す講義内容の計画をきっちりと立てるというのはなかなか難しい作業であるわけです。

法律学や経済学のように、講義内容が定型的なものだと計画も立てやすいのでしょうが、人文系の学問の場合、なかなかそうもいきません。

それに、8ヶ月も後の後期の授業内容を、今考えるというのも苦痛以外のなにものでもない。8ヶ月後にはすでに私の関心は移ってしまっていて、現在興味のあるものが8ヶ月後には色あせて見える危険性があります。

それから、「これだ!」と思っても、調べてみると、「なんと、こんないい本が絶版」ということで、読みたくても読めないということもあります。

いずれにせよ、来年度、さて何を読もうかなと改めて考えた結果、

新年度の文化論の授業では、

ベンヤミン「ボードレールにおける第二帝政期のパリ」(『ボードレール 他五篇』岩波文庫)オルテガ『大衆の反逆』(中公クラシックス)

神話の講義では石田英一郎の『桃太郎の母』(講談社学術文庫)

これに決定!

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

Amazon

無料ブログはココログ