« 「流行歌でたどる昭和史」のお知らせ | トップページ | 『分別される生命 二〇世紀社会の医療戦略』 »

2010/03/25

足立巻一著『やちまた』(上下巻)読了

Yachimata 橋本進吉の『古代国語の音韻に就いて』を読んだのがきっかけで、ここのところ、国語学(日本語学)がマイブーム。

橋本進吉の本を読了後、「次に読むのは、そうそう、あれあれ、あの本だ!」とふとひらめき、長らく購入しておいたのに今までずっと読んでいなかった本を本棚から引っ張り出しました。

それが今回御紹介する足立巻一(あだち けんいち)の名著の呼び声高い『やちまた』(河出書房新社)です。

『やちまた』は、本居宣長の長男で、盲人の国語学者であった本居春庭(もとおり はるにわ)に焦点を当てた長篇小説です。

この『やちまた』というタイトルは、春庭の著書である『詞八衢(ことばのやちまた)』からとられています。

ちなみに、「やちまた」という言葉は、そもそも『古事記』の中の天孫降臨の場面で用いられて、天孫のニニギが天から地上に下ろうとする時、天と地を照らす神(サルタヒコ)が「天の八衢(あめのやちまた)に居」て、ニニギを出迎えたとされているのですが、その意味は、天から地上へ下る途中にあった沢山の分かれ道のことです。

そして、小説の『やちまた』も、春庭と春庭の著作をめぐって、著者があちこちの分かれ道に迷い込んでいく様が描かれています。

そのため、読者の私まで、小説を読みながら国語学の庭に迷い込んでいくような感じがしました。私の手元にあったのは河出書房新社版の上下2冊で、たいへん長く、しかも適宜、当時の国語学者の書いた原文の引用等があったため、読了するのにひどく時間がかかってしまいました。

この本に対する印象も読書の過程で適宜変化していきました。

たとえば、上巻を読み終わった時点では、「これは小説という形式を採用する必要があったのかな?」という疑問が浮かんでいたのですが、下巻の中ほどまで読み進むと、「なるほど、これは確かに小説という形を取るしかなかった」というふうに変わっていきました。

さらには、下巻の後半で述べられている新資料の発見の箇所では、「この筆者でなければ新資料は発見できなかったのだ。そして新資料というのは、発見されるにふさわしい状況と人材が揃って初めて発見されるのだ」という興奮が押し寄せてきて、それまでのなんともいえない、じれったいような感覚が一掃されるのを感じました。

私自身は、この本を読了した後でも、やはり春庭よりは父親の宣長、それから平田篤胤(ひらた あつたね)などの方に依然興味を感じるのですが、いずれにせよ、『やちまた』は国語学をテーマにした、一風変わった小説、しかも、この著者の春庭に対する執念が書かせた稀有な小説であることは間違いないと思います。

 

« 「流行歌でたどる昭和史」のお知らせ | トップページ | 『分別される生命 二〇世紀社会の医療戦略』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Amazon

無料ブログはココログ