« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月の3件の記事

2010/09/19

西川治先生より、ご本をいただきました

Photo 地理学者で、東京大学名誉教授の西川治先生より、私家版の御著書『還暦後の悦生集』(太虚学人編、西川治著、こおろ社製作)をいただきました。

タイトルを見て、ピン!と来た方。あなたは、鋭い!
ええ、そうです。還暦後の悦ばしき生という意味の「悦生」とエッセイが、かけあわさっているのですね。

ここからわかるように、このエッセイ集は、こんなかけあいが沢山つまった、御洒落な本になっています。

たとえば、先生はかつて「学生運動かるた」なるものをお作りになっていたそうなのですが、その一部を紹介いたしますと、

犬も歩けばゲバ棒にあたる
論より封鎖
花より団交

といった具合。時にはクスリと笑い、時にはしみじみしながら、良い気持ちになって読み終えました。

この本は、全国町村会が発行している『町村週報』の巻頭に、断続的に発表されていたものを中心にまとめらたものです。これを編集した人物は「太虚学人」。実はこれ、西川先生の雅号です。富士山クラブのホームページに先生の紹介の記事があります。

2010/09/17

ジャッキー、惜しくも……

10歳の天才ソプラノ歌手のジャッキー・エヴァンコちゃん、AGT(America's Got Talent)ファイナルの結果は、惜しくも、2位でした。

ファイナルのジャッキーは、確かにこれまでの演奏の中で一番調子が悪かったのです。映像を見てみると、目がきょろきょろしていて、落ち着きがなく、とても緊張している感じ。

ちょっとかわいそうだったのは、演奏の直前に司会者のインタビューが入っていたこと。演奏直前の一番集中したい時に集中できず、なおかつインタビューの場所が舞台から離れているために、そこまで戻るために、息が乱れたのではないか?ということです(YouTubeにアップされたものを見ているので、真偽のほどはわかりませんが)。

まずは、ジャッキーのファイナルでの演奏です。最初にジャッキーのインタビュー、歌は1分50秒くらいから始まります。

映像を見ないで歌だけ聴いていると、それほど悪い出来とも言えないのですが、歌っているジャッキーの映像を見ていると、見ているこちらが苦しくなる感じ。

ちなみに、優勝者は、マイケル・グリム(Michael Grimm)。彼はジャッキーと反対に、これまでの演奏の中で、最高の演奏でした。歌は、「男が女を愛する時(When a Man Loves a Woman)」。歌は2分15秒くらいから始まるのですが、出だしからして、「うひゃあー! よいぞ」という出来。声が渋い!!

で、最後の映像は、ファイナルの翌日の結果発表の前に行われた、サラ・ブライトマンとのジョイント。歌は1分3秒くらいから始まりますが、このジャッキーの演奏は、セミ・ファイナルよりよかった〜。というより、これが本当のジャッキーの実力。優勝を逃したのは残念でしたが、あこがれのサラ・ブライトマンと共演できたジャッキーは、本当に嬉しそうです。

2010/09/08

ほんとに天才だった、ジャッキー・エヴァンコ

いやー、興奮しました! 

何がって、8月13日にもこのブログで紹介しました、今年の「アメリカズ・ガット・タレント(America's Got Talent)」に出演している、10歳のオペラ歌手ジャッキー・エヴァンコ(ジャッキー・エバンコ ; Jackie Evancho)ちゃん。

先週のセミ・ファイナルでは、サラ・ブライトマンで有名な“Time to say Goodbye”を歌い、今週は何を歌うのかなと思っていたのですが、今までで最高、ほとんど完璧といっていい歌声でした。

まずは、セミファイナルでの演奏(タイム・トゥ・セイ・グッバイ)をどうぞ。歌自体は1分38秒くらいから始まります。

この演奏も、なかなかではあるのですが、一番最後が乱れていて、惜しいなという感じでした。が、今週はすごかった。私などは感動のあまり、何度、YouTubeをクリックしたことか。

ということで、みなさんも、その感動の歌声をどうぞ。歌は1分40秒くらいから始まります。

ちなみに、演目は、ミュージカル「オペラ座の怪人」や「キャッツ」などで有名なアンドリュー・ロイド・ウェバー(Andrew Lloyd Webber)の“ピエ・イエス(Pie Jesu)”です。

<

すごいですね、この声。たしかに10歳の少女が歌っているということも驚異的なのですが、たとえ10歳であろうが、70歳であろうが、年齢に関係なく、よいものはよい! 美しさ、芸術性の高さは圧倒的です。

ジャッジの一人が述べていますが、確かに、私たちはスターが今、目の前で誕生しているさまをつぶさに見ているといった感じです。

日本時間の明日の昼前には結果が発表されます。一応、ジャッキーの他に9組が出場していて、その中からテレビ視聴者が投票した上位4組が選ばれて、来週ファイナルが行われるというスケジュールなのですが、ファイナリスト4組の中には当然入るでしょう。ファイナルは何を歌うのか、とっても楽しみです!

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

Amazon

無料ブログはココログ