« 漱石の無知!? | トップページ | (駄)ソラミミ・アワー »

2011/02/10

カタルシスのなさ グリー・シーズン1

さて、アメリカを席巻中の『グリー glee』シーズン1を、レンタルでようやく見終わりました。

見終わった感想は、「……うーむ」。。。

この唸りには、称賛と当惑の2つが混ざっています。

称賛の方は、アメリカのショー・ビジネス界にいつも感ずることながら、キャストの実力がすごいこと。歌、楽器演奏、ダンス、演技といった能力が備わっているスーパーマンであるということ。これには感心しました。

それにもかかわらず、今回は見終わって、私はちょっと悩んでしまいました。なぜかというと、ストーリーにカタルシスがないからです。なぜ、これがアメリカであんなに流行っているのか、非常に不思議な気がしました。

でも、逆に考えると、このカタルシスのなさが、現在のアメリカで受け入れられているのかもしれない。こう考えると、 この作品は分析の価値ありと感じるのです。

« 漱石の無知!? | トップページ | (駄)ソラミミ・アワー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Amazon

無料ブログはココログ