« 災いを受けた時の行動と心理 | トップページ | 平常心と職分 »

2011/03/30

わたしの道具箱 『日本思想史文献解題』

そういえば、本ブログでは、「わたしの道具箱」というコーナーがひっそりと立ち上がっておりました。

釣りには釣り竿。易者には筮竹。料理人にはマイ包丁。ヤンクミにはジャージ。

といったように、ある職業には職を遂行するための道具が必要です。もちろん、学術活動も例外ではない。

ということで、「私が使っていて、これは研究にとって非常に便利、非常に有効」と思ったものを、思いついた時に紹介していく。これが「わたしの道具箱」のテーマなのですが、今日は、その2回目。

Photo 今回紹介するのは、タイトルにもあるように、『日本思想史文献解題』です。

(「わたしの道具箱」1回目は、「蔵書管理用便利ソフト Books for Mac OS Ⅹ」の紹介でした。よく考えてみると、この時、全く何の宣言もしていませんでした。。。)

さて、この本が非常によいと思ったのは、次のようなことがきっかけです。

Photo_4 ある時、私は、昭和21年に出版された内藤湖南(虎次郎)の講演集、『先哲の学問』の中に、山崎闇斎に関係する次のような記載があるのを見つけました。

(前略)闇斎学派の人で、少し後になって闇斎先生と行き方が異って居ります人で、感服して居る神道学者があります。それは名古屋の吉見幸和という人であります。

この人は、恐らく日本神道の学問に、一つの革命を与えたと云ってよろしい人であろうと思います。この人は、従来の神道、つまり日本で神道という学問が盛になりましたのは、鎌倉の晩年からでありますが、鎌倉の晩年から徳川の中頃に至るまでの間の歴史に出て来たところの神道の学問に対して、一大革命を与えたのであります。そういうえらい人であります。これがやはり闇斎先生の孫弟子に当ります。

私はこの人の著述を、初めから知って読んだんじゃありません。それは、この人の著述は色々あります。私の読みました神道に関する本では、「五部書説弁」 「増益弁卜抄」「宗廟社稷答問」、こういう本でありますが、こういう本があるということを知ったのは、平田篤胤の著述の中に、そのことを云ってありましたからで……(後略)

この部分を読み、私は「吉見幸和(よしみ よしかず)」なる人物に興味を持ちました。そこで、百科事典で「吉見幸和」をひいてみたところ、17-18世紀の神道家で、名古屋東照宮の神主だったということがわかりました。

百科事典には、そういう吉見本人の情報とともに、たとえば、吉見の書いた「五部書説弁」は「神道五部書を偽書と論証した」書物であるという説明も付されていました(小学館の百科事典『スーパーニッポニカ 日本大百科全書』など)

けれども、この書籍の内容をもう少し詳しく知りたいという時。けれども、すぐに入手できそうもないという時。

そういう場合に登場するのが、今回紹介する『日本思想史文献解題』なのです。

Photo_3 では、この本で「五部書説弁」をひいてみると、どうなるか。画像を載せておきましたが、要約すると、こうなります。

「五部書説弁」は元文元(1736)年に書かれ、全部で12巻。「五部書説弁」は、「神道五部書」が、豊受(とようけ)大神神宮の神主の度会(わたらい)氏によって、1177年から1298年の間に偽作されたことを論証している本である。が、これに対し、度会側は反論している。

なるほど。これを読むと、「五部書説弁」がいかなる本か、だいたいわかります。

ちなみに、引用文中の「神道五部書」とは何か、疑問を持った場合、今度は百科事典の「神道五部書」を調べます。そうすると、「神道五部書」とは、度会神道(伊勢神道)の根本教典であること、あるいは五部書の具体的な名称、といったことが次第にわかってくるわけです。

今回は、近世の文献の例でしたが、この『日本思想史文献解題』は、上代から慶応四(1868)年までの文献が選択の上、掲載されています。私が持っているのは旧版ですが、1992年には新版が出されています。

(以上の引用文中では、旧漢字は新漢字に、歴史的仮名遣いは現代仮名遣いに、漢数字を算用数字になおしています。また、適宜改行しています。) 

« 災いを受けた時の行動と心理 | トップページ | 平常心と職分 »

私の勉強法・道具箱」カテゴリの記事

Amazon

無料ブログはココログ