« 死してなお二枚目、西郷信綱 | トップページ | わたしの道具箱 岩本裕『日本佛教語辞典』 »

2011/04/27

わたしの道具箱 谷沢永一『紙つぶて 自作自注最終版』

「わたしの道具箱」では、これまで文献の内容を知る事典類を取り上げてきましたが、よく考えてみると、書物の内容というのは文献事典以外にも知るすべがあります。たとえば、書評のたぐいです。

ただし、書評というのは、評者の実力が如実に出てしまうもの、ちゃんとやろうとすると、論文や本以上に難しいものだと私は思うのです。

というのも、本の内容に対する理解は当然のこと、執筆者が前提としている知的背景をカヴァーしていることも必要だし、さらにはその本が同時代において、あるいは同分野の他のさまざまな書物の中において、いかなる位置づけを有しているのかという点にも目配せができ、その上で良書か悪書かを自らの良心において判断し、そのエッセンスを800字やら1,200字やらで端的にまとめあげ、読者に買うに足りうる本であるかどうかの判断の基準を与えることができなければならないからです。

それに加えて、できればその評者の書いたものをもっと読みたいと思えるほど、文章が面白くて、かつ内容がタメになるものでないと!

というふうに、理想的な書評についての条件をあげつらっていくと、こんな厳しい条件をすべて満たしている書評は、なかなかないという結論になってしまうのですが、中には、これらの条件をすべて満たしていて、この人の書く書評はちょっとレベルが違うと感じるものがあります。

どういうレベルかというと、ためしに、その人が薦める本を買ってみると、確かにその本は他の同分野の本よりも優れている。2冊目、3冊目と買ってみても、それは変わらない。つまり、その人には書物を見極める眼力が備わっていると判断できるし、その人が絶賛するものは、中身を確認せずに購入しても、ほとんど外れがないという、そういうレベルであるわけです。

(もちろん、人には得手不得手があるので、どのジャンルも100パーセントはずしがないとまでは断言できないのですが。)

で、今回の「わたしの道具箱」で取り上げるのは、レベルの違う書評家のひとりであった谷沢永一の『紙つぶて/書評コラム 自作自注最終版』

この本の中で取り上げられている書籍はかなり役に立っていて、本当に勉強になります。次回、谷沢永一の薦めによって知った珠玉の辞書を御紹介しようと考えていますが、幅広く人文・社会科学などの隠れた名著を知りたい方は、『紙つぶて』は必携ではないかと思います。

そして、谷沢永一本人も『紙つぶて 自作自注最終版』の出来には自信があったらしく、「まえがき」でこう書いています。「この大冊が破格の厚志によって刊行された暁、私にとってもはや思い残すことはなにもないのである。」

Photo_2 ちなみに、『紙つぶて』は、内容だけでなく、その文章の面でも着目されています。これもまた、レベルの違う書評家のひとりである鶴見俊輔氏が、『文章心得帖』(潮文庫)の中で、谷沢永一の『紙つぶて』を取り上げているのです。

「書評にはほめる書評とけなす書評があり、ほめることに巧みな人とけなすことに巧みな人がいる」と指摘する鶴見氏が注目しているのは、谷沢永一のけなす書評の方です。

では、谷沢永一のけなす書評は一言で言うと、どんなものだったか。これについて鶴見氏が非常に面白いたとえをしています。

谷沢永一のけなす書評は、「相手をひっくり返しておいて、相手が謝っているところを、その眉間(みけん)を下駄で割る、そういう種類の文章です。」

なるほど(笑)。

確かに谷沢永一の書評には、「これはダメ」と判断した本の書き手に対して、情け容赦なく攻めるという側面があります。そして鶴見氏は、このあと、「私の印象ではほめる場合にはあまりあたっていない」と述べ、谷沢の真骨頂は、ほめる書評よりもけなす書評にあるというのです。

しかし、私自身は、谷沢永一が薦める本を自分で検討してみた結果、ほめる書評の方もあたっていると考えています。悪い本がわかるということは、同時に良い本がわかるということのあらわれだからです。

確かに谷沢永一の文章は、ほめているものより、けなしているものの方が面白い。それは、誰しも(自分以外の)他人、しかも業界の中で権威だと思われている人物がやっつけられているのを見るのが、ある意味で小気味良いからかもしれません。

しかし、読者にとって圧倒的に有益なのは、けなしている本よりも、ほめている本の情報なのではないでしょうか。

いずれにせよ、谷沢永一の『紙つぶて』は、傑作書評のひとつであることに、間違いはありません。

ちなみに、谷沢永一氏は今回の東日本大震災の3日前に81歳で亡くなられました。氏の書評の恩恵をこうむってきた者として、謹んでご冥福をお祈りいたします。

« 死してなお二枚目、西郷信綱 | トップページ | わたしの道具箱 岩本裕『日本佛教語辞典』 »

私の勉強法・道具箱」カテゴリの記事

Amazon

無料ブログはココログ