« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月の5件の記事

2011/05/25

西郷信綱・ヴァールブルク文庫・山口昌男『本の神話学』

4月20日の記事「死してなお二枚目、西郷信綱」で取り上げました、私家版の『一つの軌跡 西郷信綱洋書蔵書目録』。

私の注意をひいた箇所はいろいろあり、その大半を先日ブログに書きましたが、実はもう1つ、とくに興味を覚えた箇所がありました。

それは、目録の「凡例」のところで、目録作成を担当された青木忠洋氏が指摘していることなのですが、西郷先生が生前、蔵書の置き場を時々変更されていたという点です。

私がここに興味をひかれた理由は、前回取り上げた山口昌男先生の『本の神話学』の最初の章に書かれているヴァールブルク研究所に所収されている文庫の配置を連想したからでした。

ヴァールブルク研究所(ウォーバーグ研究所)とは、ドイツの美術史家アビ・ヴァールブルク(Aby Warburg)がハンブルクに建てた、自身が30年にわたって収集した膨大な蔵書を中心に構成された研究所のこと。

のちに蔵書はロンドン大学に移されました。ヴァールブルク研究所の紆余曲折の詳細については、ザクスル(松枝到訳)「ワールブルク文庫の歴史」『思想』1980年9月号などで知ることができます。

この研究所の文庫は、通常の本の並べ方とは異なる、非常に奇妙な本の配置を行っていました。しかも、その奇妙な配置は、ヴァールブルクがある意図をもって行っていたものであり、深い意味が隠されていました。

しかしながら、このヴァールブルク文庫のような、ジャンルを混合したような横断的な本の配置、一見するとバラバラで規則性がないような、ごった煮の本の配置に対して、そもそもなぜこのような並べ方をしているのか、その意味は何かと問いかける人間の数は、普通に考えても、そう多くないだろうと思われます。

Photo ところが、『啓蒙主義の哲学』『シンボル形式の哲学』等で有名なエルンスト・カッシーラー、——彼は、哲学から神話や芸術、宗教に至るまでの様々な領域から、世界を解釈する諸形式を読み解こうとしたわけですが——、彼がこのヴァールブルク文庫の配置の意味をいち早く見抜いたという、たいへん有名な話があります。

今回から、西郷信綱の蔵書の並べ替え、ヴァールブルク文庫の配置、ヴァールブルク文庫の配置に秘められた問題という連想で、話を進めてみたいと思います。

Photo_4 さて、ヴァールブルク文庫とカッシーラーとの出会いについては、ヴァールブルクの秘書で、後にヴァールブルク研究所の初代所長となったフリッツ・ザクスルが、講演録『シンボルの遺産』(ちくま学芸文庫)の中で述べています。

ちなみに、ザクスルの後に、ヴァールブルク研究所の所長になり、多大な研究成果を挙げた人物として、フランシス・イェイツ、ゴンブリッチ、パノフスキーなどがいるのも興味深いところですが、彼らの話はまた別の機会に譲ることにして、今回はザクスルとカッシーラーの出会いに焦点を絞って述べておきます。この箇所のザクスルの文章は非常に面白いの で、少々長いことを厭わずに、引用してみたいと思います。

ヴァールブルク研究所の歴史の中でも忘れ難いある日、カッシーラーは、ヴァールブルクが30年以上にもわたって収集した蔵書を見にやって来た。

当時ヴァールブルクは、戦後[=第一次大戦後]の緊張のせいで神経がすっかり衰弱していたので、スイスへ療養に行っていた。そこで、その間文庫の管理をまかされていたわたし(=ザクスル)がカッシーラーを案内した。

彼は丁寧なものごしの訪問者で、ヴァールブルクの意図を説明するわたしの言葉に注意深く耳を傾けていた。(中略)

帰りぎわ、彼は、彼特有の、丁重ながらはっきりとした言い方でこう言った。

「この蔵書はおそろしいばかりのものです。わたしとしては、この文庫をまったく避けて通るか、あるいはここに幾年にもわたって閉じ籠るかのどちらかしかないでしょう。ここに包含されている哲学的諸問題には、わたし自身の問題と密接につながるものがあります。それにしても、ヴァールブルク氏が集められた具体的資料には圧倒されてしまいますね」。

わたしは彼の言葉にすっかりうろたえてしまった。なにしろほんの一時間ほどで、この人物は、わたしが今まで会った誰よりも鋭くこの文庫に具体化されている本質的理念を理解してしまったのだ。

このように、奇妙な本の配置、ヴァールブルク文庫のような、あっと驚くような本の配置が持つ意味について、カッシーラーをはじめとする、ごく一部の人々は関心を持ってきたわけです。

そこで、私が問題にしたいのは、このような奇妙な本の配置の意味について、どのように考えたらいいのかということです。

この問いに対する答え方は、いくつか考えられると思います。たとえば、その1つとして、「本の配置というものは、本の所有者の知的世界の可視化である」という答えがあるでしょう。

つまり、著者名のアルファベット順に並べようが、タイトルのアルファベット順に並べようが、図書館の分類に従って並べようが、自分が決めた順番で並べようが、分類すらめんどくさがって適当に本を投げこもうが、それはすなわち、本の所有者の知的世界をあらわしているのだ、というわけです。

もちろん、このような考え方には一理あって、ヴァールブルク文庫の並べ方に、ヴァールブルクの世界観、たとえば既存の秩序、あるいはそれまで持っていた自分の価値観をずらしたいという意図のようなものがあらわれていると考えられるし、カッシーラーもそこに共鳴したとみなすことができます。

しかし、実のところ、ヴァールブルク文庫には、個人の世界観を超えた問題、一種の文化史上の問題ともいうべきものが表現されていました。そして、カッシーラーが見抜いたのもその点だったのです。

 

2011/05/18

谷沢永一と山口昌男、雑感

2011年4月27日の記事で、谷沢永一の『遊星群』を、山口昌男先生が中身も見ずに購入していたというエピソードを書きました。今日はこれに関連したことを書いてみようと思います。

実は、このお二人、過去に数回対談しているのです。

2001年に出された『はみ出しの文法 敗者学をめぐって』(平凡社)では、山野博史氏を司会に迎えて、『高見順日記』『断腸亭日乗』『学海日録』『墨水別墅雑録(ぼくすいべっしょざつろく)』『渋沢栄一の日記』(登場順)といった、知る人ぞ知る「面白日記」について盛りあがっています。これを読むと、いずれ劣らぬ、がっぷり四つの戦いが観戦できて非常に面白い。

(というよりも、今でいうところの「オタク(失礼!)」が口角泡を飛ばして、「この日記はどうよ」、「あの日記はどうよ」と、時間を忘れて語り合っていると表現した方が正しいかもしれませんが、いずれにせよ、知識量と記憶力には、すさまじいものがあります。)

しかし、私がとくに忘れられないのは、初期の頃の対談です。

Photo_2 この対談は、1987年刊行の『知のルビコンを超えて 山口昌男対談集』(人文書院)に収録されていますが、対談自体はその3年前の1984年に行われています。

何が忘れられないかというと、その対談の冒頭の谷沢永一の発言に、私は非常に驚いたというか、意外の感に打たれたからです。

名著『紙つぶて』のオビの文言の締めくくりに「向かうところ敵なし」の言葉が使われるほど、辛口で有名な谷沢が、山口昌男の本の蒐集力と読書量に対して、「とても山口さんには並べて貰えません(笑)」と、自分を卑下するような発言をしていたからです。そして、この後、二人は次のような会話を続けるのです。

谷沢:(前略)山口さんの「本の神話学」が『中央公論』に連載されはじめた時、ユニークな発想に感銘して、仲間の向井敏君と……。

山口:(中略)お二人にほめて頂きましたね。あの時は、ガンファイターはガンファイターのガンさばきを見抜いてくれたか(笑)と愉快でした。

谷沢:ガンマンとして張り合う気は、とてもありませんでしたがね(笑)。

要するに、あの谷沢永一が対談の冒頭1行目から9行目までの間に、2回も卑下しているのですね。そんなことにびっくりするくらい、谷沢永一という人は私には「恐ろしく毒舌」といった印象があったということです。

Photo ところで、谷沢永一の発言の中に出てくる『本の神話学』(岩波現代文庫など)。

学生の頃、私は、この本に何が書いてあるのか、何を問題としているのか、よくわからず、手を出しかねていたのですが、実のところ、非常に面白く、知的刺激にあふれている名著だということを、最近初めて、この本を最初から最後まで通読することによって再確認しました。

『本の神話学』は、書き手の力量がはるか彼方にあるため、逆にそれが読者に見えなくなっている本、読み手の力量が逆に問われている本、読み手次第でその相貌を買える本であると感じた次第です。

それと、もう一点、通読してみて興味深かったのは、ところどころで、「あ!あの人、この本から自分の著作のアイディアをもらったんじゃないかな?」と思う箇所に出会ったこと。

具体的な名前は出しませんが、すでに亡くなった人も含めて、現代の日本の学者・評論家の中でも、とくにビッグネームと思われる人が、7、8人ほど頭に浮かびました。それくらい当時、影響を与えた本だったということでしょう。

ちなみに、谷沢永一の『紙つぶて』の中で、『本の神話学』は次のように評価されています。

猛然たる食欲をかきたてて読書領域の拡大へ誘う魅惑的な語り口こそ、水先案内人たる読書論の真骨頂であるならば、山口昌男が『本の神話学』(中公文庫)に盛りあげた絢爛たるペダントリーは、明治以来おそらく最高級の饗宴招待状ではなかろうか。

2011/05/13

ユーロヴィジョンに中島みゆきの曲が……?

本日はユーロビジョンのセミ・ファイナル2日目。今日も朝の4:00から、インターネットで生中継を見ました。

書きたいことは本当にいろいろあるのですが、今日のトピックはこれ。

最後から2組目に登場したデンマーク代表のグループ、A friend in Londonが歌う、New Tomorrowという曲。あれ?どこかで聞いたような、と思っていたら、ハタと気づきました。

中島みゆきさんの「ルージュ」だ!

ということで、本当に似ているかどうか、聞き比べてみましょう。まずは、デンマーク代表の演奏から。ちなみに、めでたくデンマーク代表は決勝に進出しました。おめでとうございます。




次は、中島みゆきさんの「ルージュ」です。中華人民共和国の歌手・王菲(フェイ・ウォン)さんのヴァージョンがアップされていました。

 

 

2011/05/11

ユーロビジョン・ソング・コンテスト

ユーロビジョン・ソング・コンテストがインターネットで生放送しているとの情報をつかんだので、今年初めて、生放送でセミ・ファイナル1日目を見てみました。

日本時間の朝4時ごろのスタートだったので、体力的にはかなりきつかったのですが、なかなか面白かったです。

ユーロヴィジョン・ソング・コンテストは、ヨーロッパを中心とする、43の国や地域のプロの歌手が歌を披露し、視聴者がそれを見て、自分がよいと思った人やグループに投票、その日の内に優勝が決定されるというものなのですが、英語が主とはいえ、歌詞の言語はバラバラ。ただ、歌なので、歌詞がわからなくても、なんとなく見ることができてしまいます。

非常に興味深いと思うのは、視聴者は自分の国、自分の地域の代表に、票が入れられないということと、このコンテストが1956年から開催されていて、すでに50年以上の伝統があるということ。EU統合の背景には、このような文化的交流も一役買っていたのかもしれません。

過去の優勝者には、「夢見るシャンソン人形」のフランス・ギャル、「恋のウォータールー」のABBA、“Ne partez pas sans moi(英:Don't leave without me、直訳:私を置いて行かないで)”のセリーヌ・ディオンらがいます。

まずは、フランス・ギャルの「夢見るシャンソン人形」から。この歌は、フランス語の授業の時によく歌いました(というか、先生から歌わせられました)。

 

 

次に、ABBA。51秒くらいから歌が始まります。

 

 

最後に、セリーヌ・ディオンです。

 

 

 

今年は、誰が優勝するのでしょうか。楽しみです。

インターネットで生放送が見たいという方は、こちらから公式ページに飛び、「Photo & Video」のところの「Web TV」をクリックしてください。次回、セミ・ファイナルの2日目は日本時間では5月13日4:00くらいから、決勝は5月15日4:00くらいから行われます。

 

わたしの道具箱 岩本裕『日本佛教語辞典』

前回は、谷沢永一の書評コラム『紙つぶて 自作自注最終版』(文藝春秋)を紹介しましたが、今回はこの中で絶賛されていて、なおかつ私自身が実際手に取ってみて、良いと確信した書籍を取り上げます。

ちなみに、2011年3月30日の記事で触れました、内藤湖南(虎次郎)の講演集『先哲の学問』は、この『紙つぶて』の中で挙げられていたものです。

谷沢永一は『紙つぶて』以外にも数多くの本を書いていますが、当ブログでは、明治・大正期の好書を記した『遊星群』を、2009年5月10日に紹介しています。

そういえば、山口昌男先生とご一緒に、神保町の東京堂に新刊本をチェックしに行った時、先生が新刊の書棚に立てられた『遊星群』の明治編と大正編を2冊とも、問答無用とばかり、中身も見ずに購入しようとして、書棚から引っ張り出そうとしたのですが、1冊がなにかの辞書/事典かとみまごうばかりにずっしりと重く、それが2冊も重なったので、棚からうまく出せませんでした。私は2冊とも棚から出して、それらを病気療養中の先生に持たせるわけにもいかず、ええいと思い切って2冊まるごとレジまで抱えて持っていった。この時、「私って案外、腕っ節が強いじゃないの」と、自己認識を新たにしたわけですが、そんなことも今、思い出しました。

Photo さて、今回の「わたしの道具箱」で取り上げるのは、谷沢永一のオススメ本のひとつ、岩本裕の『日本佛教語辞典』(平凡社)です。まずは、『紙つぶて』の中の記述を引用してみたいと思います。

岩本裕が『日本仏教語辞典』(昭和63年)の「はしがき」に記している一件は、我が国の学者の生態図として伝え残す必要があろう。

時は昭和31年秋、送られてきた『日本古典文学大系』内容見本の印刷例に、引用されたサンスクリットに相当の誤りがあった。岩本はその部分に朱を入れて岩波書店に送り注意を喚起した。

それから年を経て昭和34年3月に『今昔物語集』一(天竺部)が出る。見るとサンスクリットに関しては岩本の注意を全面的に無視して一語も記載しない(『紙つぶて 自作自注最終版』)。

谷沢が問題にしているのは、日本古典文学大系(旧版)の『今昔物語集』一(六)の「空ノ中ニ神有リ、名ヲ員多(ヰンタ)ト云フ」に関する部分なのですが、この箇所を、今度は岩本裕本人の文章で確認してみると、迫力はさらに増します。

『今昔』一(六)の最後の部分に「空ノ中ニ神有リ、名ヲ員多(ヰンタ)ト云フ」という記事があり、「員多」に注して「もと雷神の名。佛教当時の有力な神」と記しているが、これは校注者がこの物語の出典とする『過去現在因果経』を見なかったことを明らかに示している。

同経三(中略)には「空中有神、名曰負多」と記されているからである。

多」は[サンスクリット語の]ブータbhūtaの写音で、「鬼霊」を意味する語である。

「大系」本の注は「員多」をインド古来の雷神である[サンスクリット語の]インドラIndra(帝釈天)の転訛と見た訳であるが、インドラが「員多」と写されることはなく、「佛教当時の有力な神」に至っては、正に噴飯物である(岩本裕「はしがき——本書の成立まで」『日本佛教語辞典』)。

要するに、こういうことです。

『今昔物語集』に出てくる「員多(いんた)」は、『過去現在因果経』を参照すると、怪物や魔物をあらわす「負多(ふた=サンスクリット語のブータ)」が誤って伝えられた可能性が高いことがわかる。

(この誤伝は誤写から始まっているのではないかと私は推測しています)。

しかも、インドラ(帝釈天)は「員多」と書かれたことはないという。

(では、インドラは日本古典文学上でどのように書かれていたかというと、『日本佛教語辞典』の「員多」の箇所を見てみたら、偶然にも、その隣に載っていました。それは「いんだら(因陀羅、因達羅)」でした。)

それなのに、大系本の注ではそのことに触れず、「員多」は、「雷神」で「佛教当時の有力な神」、つまりインドラだと記している。

そして、このことを本が出版される3年も前に、自分(岩本)が指摘していたにもかかわらず、注釈者は一向に訂正しようとしなかった。これは大きな間違いだ。

このように、岩本裕は主張しているわけです。

念のため、この指摘を読んだ後、私は手元にある旧版の大系本『今昔物語集』一(六)の当該箇所を見てみましたが、確かに岩本が指摘した通り、「空ノ中ニ神有リ、名ヲ員多(ヰンタ)ト云フ」という文の中の「員多」の注は、「もと雷神の名。佛教当時の有力な神」となっておりました。

谷沢の本を読んでから岩本の辞書を購入し、辞書の「はしがき」と「員多」「因陀羅」の項目を見、旧版の日本古典文学大系を確認するという過程で、私は、次のことを痛感したのです。

古典文学を読む際には語釈が非常に重要であること。

書かれている脚注を(検証せず)安易に引用しているかどうか、あるいはどういう辞書を使用しているのかを見るだけで、その学者のレベルが自動的にわかってしまうこと。

(たとえば、日本古典文学のとくに仏教に関する研究をしている者が、引用/参考文献の中で、この岩本裕の辞書に言及しているか否かをチェックするだけで、私たちにはその学者のレベルが自動的にわかってしまうということ)。

何の検証もなく、全面的に信用してよい本というのは、(たとえ、大系本であっても、当時の権威が書いた本であっても)存在しないこと。

まずはその信憑性を疑い、いくつかの検証をした結果、信じるに足る本かどうかの判断を下す必要があること。

それ以上に重要なことは、誤りを論理的、実証的に指摘されたら、真摯に訂正する謙虚さを、(どんな人でも同じだと思いますが、とくに)学者は有さなければならないこと、etc。

そういえば、かつて大学院時代、佐佐木隆先生の日本語学の演習で、たった1つの注釈書に頼るのではなく、いくつかの注釈書をそれぞれ突き合わせ、互いを評価しながら、『古事記』を読むという作業をしていました。

当時はその意味がよくわからなかったのですが、この谷沢永一の本によって岩本の辞書を知り、岩本の検証過程を具体的に自分でたどることによって、このことが骨身にしみるようになりました。

この箇所だけを取ってみても、岩本裕の『日本佛教語辞典』は、仏教の影響下にある日本の古典文学を読む時は必携と言わざるを得ません。

Photo_2 さらには、岩本裕の『日本佛教語辞典』のような辞書を見つけてきて、推薦できる眼力を持った谷沢永一にも、やはり脱帽せざるを得ないのです。この辞書に対する谷沢の評価を、今度は『本はこうして選ぶ買う』(東洋経済新報社)から、引用してみたいと思います。

(前略)色とりどりの[仏教辞典の]うち、仏教語の解明として信用できるのは岩本裕だけである。

『日本佛教語辞典』の「はしがき」を読めば、この人の学問がいかにきびしいか納得できよう。

日本の古典を読みこなすには、この一冊が絶対に不可欠である。

戦後の名著をどれほど点を辛くして絞って数えあげたところで、この一巻を逸するような処世はできないであろう(『本はこうして選ぶ買う』)

さて、この後、岩本の指摘はどのように受け止められていったのか。これについては、岩本の辞書だけでなく、おそらく谷沢永一の書評の影響もかなりあったのではないかと思われますが、岩波の新版の新日本古典文学大系の『今昔物語集』(一)の「員多」の注には、こう書かれています。

負を員と誤ったもので、正しくは負多。原初以来の誤りとも見られるので、敢えて[本文を]改めない。天界の魔神の一。

この新版での記述は、旧版の単なる訂正のように見えて、実は、これまでのいきさつを理解している人には、非常に意味ある、価値ある訂正ということになるわけです。私は、古典文学の中のたった一語の解釈の変遷から透けてみえる学問の力、批評の力、といったものを感じます。

最後に、このような経緯を理解した後、『日本佛教語辞典』の頁を最初から繰ってみると、「はしがき」の前の頁に小さく次のように書かれているのが目にとまり、著者・岩本裕が40年以上にわたって心血を注いだ作品の終点に待ち受けていたドラマはこれだったのかと、一種の感慨を覚えたことを付しておきます。

著者の岩本裕博士は、本書の校正を終えられ、刊行を目前にした4月19日、急逝されました。謹んで御冥福をお祈りします。         
                      1988年5月     平凡社

(以上の引用文中では、漢数字を算用数字に直し、適宜、カッコや語の補充、行替えなどを施しています。)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

Amazon

無料ブログはココログ