« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月の6件の記事

2012/04/28

一喝! 啓蒙思想としての仏教

これについてはちょくちょく書いていて、本当に恐縮なのですが、4月以降、これまでに経験したことのない忙しい毎日が、さらに勢いを増して続いています。

一つは、大学での業務で、つい先日などは、朝の8時から次々と送られてくるメールの返信を書いては送信し、書いては送信し、書いては送信し、……を繰り返し、気づいたときには、簡単な昼食をはさんで、あっという間に夕方の7時になっていました。

二つめは監修の仕事。二つの仕事が、もろもろの事情で、ほぼ同時期に締め切りを迎えるため、原稿のチェックと執筆に、てんてこまいとなっております。

そんな毎日の連続で、心はすっかり散乱状態。

ところが、昨日帰宅したところ、ポストに冊子小包が入っておりまして、中には黒崎宏先生の新刊、『啓蒙思想としての仏教』(春秋社)が封入されておりました!

黒崎先生のいつものご本と同じように、質実な装丁です。

Photo

83歳にして、常に前向きで真剣な研究姿勢を堅持されている先生からお送り頂いた新刊書を前にして、日々の仕事に埋没しそうになっていた私は、一喝されたような気分になりました。

今回の先生のご本は、ウィトゲンシュタインなどの哲学を参照しつつ、仏教の基本構造を解明されたものです。

全体を拝見して、特に気になったのは、和辻哲郎の倫理学と仏教の縁起の思想との接点について言及されているところでした。

黒崎先生の解釈によれば、和辻の倫理学が、「空(くう)」の思想につながるというのです。

和辻が、ハーバード白熱教室でお馴染みの、マイケル・サンデル教授と同じくコミュニタリアン的な考えを抱いていたことについては、かねてから私も関心を持っていましたが、和辻と「空性(くうしょう)」との関係とは一体!?

和辻の人間のとらえかたについての、黒崎先生の説明を引用してみます。

先ず、夫があり、妻があって、その共同存在として夫婦という存在があるのではない、という事である。そもそも夫も妻も、それ自体で存在しているわけではない。妻あっての夫であり、夫あっての妻であり、更には、夫婦という存在あっての夫であり妻なのである。それゆえ、その意味では、夫も妻も独立存在ではないのである。かと言ってもちろん、夫という存在、妻という存在がなくては、夫婦という存在も成り立ち得ない。これを要するに、夫妻あっての夫婦であり、夫婦あっての夫妻なのである。(『啓蒙思想としての仏教』)

このような人間の捉え方は、確かにコミュニタリアン的だと言えます。つまり、個人を共同体的な存在、つながりの中の存在、関係性の中の存在、和辻の言葉を借りれば「間柄的存在」、と見なしているわけです。

ところが、この諸関係に位置づけられる「個人」には、もう一つの側面があると黒崎先生は述べています。

夫婦も夫妻も、互いに他によってはじめて成り立つ存在なのであって、その意味では、いずれも独立存在ではない。そしてその意味で、夫も妻も夫婦も「空」なのである。独立存在でない、という意味で「空」なのである。(前掲書)

この、「独立存在ではない」ということと、「空」との関係を理解するには、少々説明が必要です。

まず、空とは、個々の事物が、世界の中で独立しているのではないということ、つまり、それ自身の力で存在しているのではないということ、いいかえれば、独自の実体や本質が欠けていることを意味しています。

逆に言えば、物事は互いに依存して存在しているということになります。これを「縁起」と呼びます。

ちなみに、空と縁起は同じ現象を見方を変えて説明したものです。つまり、事物に実体が欠けているという点から説明すれば空となり、相互に依存して事物が存在しているという点から説明すれば縁起ということになります。

さて、夫は妻に、妻は夫に、それぞれ依存して存在の意味が確定しています。そして夫自体、妻自体を夫と妻の関係(夫婦)から切り離して理解しようとしても理解できません。

妻は、夫がいるからこそ妻として把握され、逆に、夫も妻との関係で夫として位置づけられているわけです。

このことは、結婚をしていないのに、「私は妻です。」とか「私たちは夫婦です。」いうことの無意味さを考えれば理解しやすいと思います。

ようするに、依存関係を取り除いて、独立した存在として、妻や夫や夫婦とは何かということを問題にしようとしても、その本質や実質を明らかにすることは不可能だということです。

くりかえしになりますが、夫も、妻も、夫婦も、意味的に相互に依存しているわけです。

ですから、妻自体、夫自体というような、依存せずに存在している事象を想定して、その本質を見いだそうとしても、そこにはなにものも見いだせないということになります。

そして、夫自体、妻自体の本質が見いだせないということは、その存在の本質が欠けているということを意味しています。そして、それは空(emptiness)ということにほかなりません。

今、夫と妻と夫婦について説明してきましたが、これを「私」や「私」をとりまく全ての現象にあてはめ、言語的な観点を加味して考えていくと、仏教思想の大学者・ナーガールジュナ(龍樹)が説いた、空の思想の入り口に近づくことができるのではないかと思います。

私にとって、この読み替えはかなり刺激的でした。そしてすっかり日常に埋没しかかった(あるいは崩れかかった?)生活を、学問という方向に、即座におしもどしてくれる力を与えてくれました。

2012/04/24

人もイノシシも行動の時代?

今回はご恵送いただいた本を2冊ご紹介いたします。

いずれも共著なのですが、先ずは大隅直人・大隅書店代表から頂戴した新刊本、『これが応用哲学だ!』(大隅書店)から。

Photo

なんといっても、この本、執筆者陣が豪華です。

私が存じ上げている方々のお名前を拾ってみただけでも、茂木健一郎氏、鷲田清一氏、野家啓一氏、森岡正博氏、三浦俊彦氏、戸田山和久氏、信原幸弘氏、服部裕幸氏、中岡成文氏と、その分野での著名人揃い。

ところで、応用倫理学という言葉は聞いたことがありましたが、「応用哲学」という言葉は初耳でした。

出口康夫氏によれば、18世紀後半に「純粋哲学」との対比で用いられていた言葉が、ここ30年ぐらいの間に復活したとのこと。そして日本でも、2008年に応用哲学会が設立されたそうです。

実は私、この「純粋哲学/応用哲学」の対立に象徴される、思想と行為、あるいは観照と実践の対立に以前から興味を持っておりまして、かつて「社会科学における『近代』(1)」(『お茶の水地理』41号所収)という論文を書いたことがあります。

その時の問題意識が何だったのかというと、近代において、思想よりも行為を優位におく考え方が全面に展開されるようになったのは何故か、この両者の対立は何を意味しているのかというものでした。

書中の対談では、昨年、3月11日の地震による災害を受けて、哲学がどのような役割を果たせるのかが、1つの課題として論じられていました。

今後、応用哲学どのような展開を見せるのか興味深いところですが、実践への関心の高まりのひとつなのでしょうか。

この4月21日と22日には、応用哲学会の第4回の研究大会が千葉大学で開催されたとのことです。

さて、2冊目にご紹介いたしますのは、首都大学東京教授・杉浦芳夫先生から頂きました『地域環境の地理学』(朝倉書店)です。

Photo_2

これは杉浦先生編著の地理学の入門書的位置づけの本で、人間と環境の関係をテーマに編纂されています。

内容は、気候学、地形学、社会地理学、農村地理学、計量地理学、文化地理学など、それぞれの分野の紹介を兼ねた論文によって構成されており、杉浦先生は、明治28年の東京府におけるコレラ流行を計量地理学の見地から分析されております。

ところで、私的に驚いた論文がありました。それは、生物地理学に関する高橋春成氏の論考。

書中では、旧来の農村部で維持されてきた、動物と人間との関係が、都市型社会の成立によって、どのように変化したのかが、イノシシの生息圏などの資料を用いて説明されています。

勉強になったのは次のこと。

通常、人間の活動の活発化によって、自然が破壊され環境が変化した。その結果、クマやサルやシカやイノシシなどの野生の動物たちが、人の生活圏に出没するようになった。

そう考えがちなのですが、この私の常識が、くつがえされたことです。

自然破壊とはいっても、そういう一方的な話ではなく、過疎化による農村部や山間部での人の活動の低下が、山林の荒廃をまねいたり、動物の人間世界への侵入をもたらしている側面があるらしいのです。

なるほど 

要するに、人間と動物との新しい関係の構築が目下進行中ということなのでしょうか。

日本における都市型社会は、まだはじまって50年ほどしかたっていないのですから、この状況はしばらくは続くのだと思います。

イノシシの活動ひとつとってみても、ここ数千年来の人間の生活様式が転換点に直面していることは確かなようです。

それはさておき、イノシシが生息域を拡大させるべく、海を泳いで島々に渡っているという事実にはビックリしました。

著者によると、「海岸部での狩猟による追出し」が一因として考えられるということですが、それにしても、小豆島沖で撮られた、イノシシが海を泳いでいる写真には目を見張りました。

人が新しい都市型社会の生活様式のなかで四苦八苦しているように、イノシシも生き残りをかけて必死なのでしょうか。

掲載されているイノシシ君、なんと、7kmも泳いできたとのことです。

2012/04/19

アイクラウドとドロップボックスの日々

今年度に入って、大学で新図書館構想に関わることになった私。

そこで、問題になったのが、これまで以上に事務の比重が急増したことと、大学と自宅との間での仕事のやりとりが頻繁になったという事態でした。

昨年度までは、のんびりしたもので、自宅で作成したファイルなどは、USBメモリに読み込ませ、大学でそのメモリからデータを開いて作業を行うという古典的な手法で乗り切っていました。

これで充分間に合っていたからです。

ところが、データ量の増大によって、これまでの方法を根本的に見直す必要が生じました。

最初は、ノート型のパーソナルコンピュータを購入して、自宅と大学との間を持ち歩くことを考えました。しかし、この2月にせっかくiPad2を入手したのだからと、ここで思い切って、デジタルライフを進化させようと決意しました。

というわけで、この数週間、私はアップル社のアイクラウド(iCloud)サービスを利用しております。

ビジネスの第一線で活躍中の方にとっては常識になっているのでしょうが、今回、仕事でこのサービスを使ってみて、実にこれは便利なシロモノだと得心しました。

ご存じない方もいらっしゃると思いますので、簡単に説明致します。

私が利用しているアップル社の、iCloudサービスでは、カレンダー、アドレス帳、メール、ブラウザのブックマークなどの同期化が可能となるのです。

つまり、自宅のパーソナルコンピュータで使用している環境を、大学の研究室で使っているものに瞬時に反映させることができるのです。iPadの環境も、同様に同期化されます。

メールの新規作成や返信を大学で行うと、あっというまに、自宅のiMacやiPadのメールが同じ状態になります。 

カレンダーに書き込みをしても、アドレス帳を変更しても、同じ。

感動 ヽ(゚ω゚ )ノ

しかし、一点だけ、マックユーザーにとっては、とても頭の痛い問題が潜んでおりました。

それは、iCloudサービスでは、マイクロソフト社のワードやエクセルで作成した書類の同期化ができないとうこと。

私的に使うには、マック専用のワープロソフト(Pages)や表計算ソフト(Numbers)で充分なのです。

けれども、大学で利用されるソフトは圧倒的にウィンドウズ用のもの。

多勢に無勢です。

そこで、いろいろ調べてたどり着いたのが、ドロップボックス(Dropbox)

そしてこれも利用してみて、またまた感心してしまいました。

ちなみに、同様なサービスにgoogleドライブエバーノート(Evernote)というものもあるようです。

2012/04/13

書評掲載のお知らせ

新しい部署での目の回るような忙しさに、関係各所への挨拶状もままならない毎日が続いております。

そうこうしている間に、3月半ばに完成させた書評が掲載されました。

今回評したのは、内田樹・中沢新一著『日本の文脈』(角川書店)、掲載されたのは『週刊読書人』2012年4月13日号第4面です。

ご興味のある方は、お読みいただけるとうれしいです。

2012/04/05

エッセイ掲載のお知らせ

3月末、ちょうど高千穂の旅館で帰りのタクシーを待っていた時、依頼の電話をいただいて、お引き受けしたエッセイが、掲載されました。

『週刊仏教タイムス』2012年4月5日(花まつり特集)号の第三面です。

ご興味がございましたら、手にとって頂けるとうれしいです。

2012/04/03

すさまじき日々&これはすごい、オープン・ライブラリ!

本が売れるとは、こういうことなのかということを教わった、「よくわかる本シリーズ」の監修から、はや5年がたち、目下久しぶりに、新しい監修本の内容確認に、ものすごーい寝不足に襲われつつ、忙しさだけは流行作家ではないかと錯覚しながら、仕事に取り組んでいます。

本が売れても、収入がそれに伴わないのが監修の悲しさですが、それはさておき、私が以前に監修した本は2冊でした。

1冊目の『「世界の神々」がよくわかる本』の時には、そもそもこの種類の本の監修がどのようなものなのか、全く分からないまま引き受けました。

そして驚いたのは、依頼されてから、一ヶ月ほどで本が出来上がるということでした。しかも、引き受けてしまってから分かったのですが、監修とはいっても、実際にやれるのは、すでに完成しつつある本の内容の簡単なチェックと序文の執筆だけという状況。

これではよくないと反省し、2冊目の『世界の「神獣・モンスター」がよくわかる本』の時には、編集事務所の方にお願いして、企画のかなり最初の段階から本作りに関わりました。

その時に考えた事はいずれ書こうと思っています。が、今日、お伝えしたいのは、「神獣・モンスター」の時と比較して、わずか5年で、本の調べ方に革命的な変化が起こっていた、という驚きなのです。

監修の仕事で、大変なことの1つに、ライターの方々が書いてくる原稿の正誤を判定するという作業があります。これは、執筆者が、事実に基づいて正確に原稿を作成しているのか否かのチェックで、もとになった資料が確かならば、それほど苦労する必要はありません。

しかし、用いられた資料の信憑性が問題になるときが、しばしばあるのです。こうなると大変です。

そうなのです。5年前の監修の時、私がやらなければならなかったのは、書籍の中に書かれている出典の真偽を確認しなければならないという、大変骨の折れる仕事だったのです。

けれども、自分の所属する大学の図書館にいつも図書があるとは限りません。そういう場合には、他の大学から取り寄せたり、所蔵してある機関に調べに行ったり、あるいは、アマゾンコムやAlibrisAbeBooks などを通じて、海外から古書を購入しなければなりませんでした。

ところが! ひさしぶりの監修にあたって、ネット上にあるオープン・ライブラリ(Open Library)を利用してみたのです。するとその便利さに、本当に感心してしまいました。

これはすごい、すごすぎる 

ご存じの方もいらっしゃると思いますが、このウェブサイトでは、現在、数万冊の古書と現代書をオンラインで読むことができるだけでなく、書籍によっては、PDFファイルやテキストファイルの形式で自由にダウンロードもできるのです。

それだけではありません。利用してみて驚いたのは、オンラインで読むときの、そのサービスのよさです。

朗読機能もありますし、単語の検索機能にいたっては、こんなことまでやってくれるの!と嬉しい悲鳴をあげたほど。

もちろん、全ての書籍が公開されているわけではありませんが、私の必要とする本はかなりアップされていました。

このオープン・ライブラリのおかげで、今回の監修作業はかなりのスピードで進んでいます。5年前なら数週間、あるいは一ヶ月以上かかった仕事が、わずか数十分に短縮されました。しかも料金はネットへの接続料だけ。

日本にも、国立国会図書館の近代デジタルライブラリーがありますが、その差は歴然。

日本の古い書物には、検索機能の最大の障害である旧漢字が使われているからだと思いますが、この旧漢字などを検索するシステムが生み出されないかなあと、心から願っています。

実は、この4月から、私も大学で新図書館の設立およびデジタル化の推進に関わることになりましたので、この問題は今まで以上に、切実です。

 

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

Amazon

無料ブログはココログ