« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月の6件の記事

2013/04/28

へるめす通信45

—(ジョルジュの孫)生前は知のトリックスターと言われ、お葬式の時、お棺の中で、足にヘルメスの羽をつけていたという噂の、現代日本版ヘルメス、 かの山口昌男センセイは、『道化の民俗学』(岩波現代文庫)の中で、ヘルメスについて、こう言ってるの。

「小にして大、幼にして成熟という相反するものの合一」って。

要は、ヘルメスは、矛盾を生きている存在なの。

—(村人A)ワオ、かっこいい! あっしもさしずめ、それですね。かっこいいのに、親しみやすい。ホントは賢いのに、そんなこと、微塵も感じさせないお茶目な性格。それって、「矛盾するものの合一」でしょ?

—(ジョルジュの孫)あ・の・ね。。。

—(村人A)いいの、いいの、あーたにわざわざ言われなくたって、自分のことは、よーくわかっているので。

 ところで、現代版ヘルメスの山口センセイは、ヘルメスと同じで、やっぱり「口の減らない、悪ガキ」だったんですか?

—(ジョルジュの孫)まあね。そういえば、 東大の駒場キャンパスでやっていた文化人類学会に、 センセイと二人で一緒に行ったことがあったのよ。

まだセンセイは入院する前だったので、私がセンセイの車椅子を押して、ね。

—(村人A)あーたも時にはいいことするじゃないですか。

—(ジョルジュの孫)「時には」は余計よ!

そしたら、後日、センセイの自宅に、学会に来ていた研究者数名から、電話がかかってきたらしいの。

「センセイの車椅子を押していた、キレイな、女性は誰ですか? 息子さんのお嫁さんですか?」

って。

—(村人A)「キレイな女性」の箇所は、あーたの作り話でしょ?! いけませんよ、そんなこと、しちゃ! しかも、文字まで大きくして。

—(ジョルジュの孫)うるさ! あのね、その話はね、センセイのご自宅の居間で、センセイと奥様がいるところで、奥様から聞いたのよ。それで、私は、こう言ったの。

「あらー、センセイ、さすがはみなさん、人類学者! 人を見る目がありますね。なかなかいいセン、いっているじゃないですか」って。

—(村人A)ほう、ほう。なるほど。

—(ジョルジュの孫)そしたら、センセイはこう答えたの。

「あなたが僕の若いツバメに見えないのは、あなたに色気がないからだ!」

—(村人A)ぎゃーー、はっ、はっ、はっ、はっ!! 

もうだめ、お腹痛い! センセイ、ホントのこと言っちゃ、だめですよ。

すごい、当たってる! 鋭すぎ!! おかしすぎ!!! 

さすがは、山口昌男!!!! 尊敬〜〜

—(ジョルジュの孫)あんた、受けすぎよ!!!

私の血管は、あの時、最低3本は切れたわ。

だけど、後から考えると、「若いツバメ」ってのは、年上の女の人の愛人となっている若い男性のことを言うのよね。その時は、ムカっとしていたので、表現がおかしいことに、気づかなかったわ。

あーあ、あの時、反撃しとけばよかったなぁ。

—(村人A)おもしろい話っすね〜。

—(ジョルジュの孫)そんな話なら、掃いて捨てるほど、あるわよ。 ホント、山口センセイは、ヘルメス張りの「口の減らない悪ガキ」よ。

2013/04/22

ランナウェイ・ベイビー

アメリカの歌のコンテスト番組The X factor USAで、昨年準優勝した当時13歳、現在14歳の女の子カーリー・ローズが、YouTubeに動画をアップしていました。

とにかく、あまりにも早熟、あまりにも天才的すぎる! と少々興奮してしまったので、ここで紹介いたします。

歌は、ブルーノ・マーズのランナウェイ・ベイビー。

まずは、オリジナルのブルーノ・マーズの歌声から。


ブルーノ・マーズは、私には声量がややないかな、と思われるものの、安定した歌唱力を持っています。

そして、この歌を、13歳のカーリー・ローズが歌うと、……こんなになっちゃいます。


いやー、酸いも甘いも噛み分けたような、この色気!

私にも分けてくれー!(これ、冗談でなく、本当)という感じです。

今後、彼女は売れるのか、興味津々です。

2013/04/15

へるめす通信44

—(ジョルジュの孫)牛たちはヘルメスによって途中の小屋に入れられて、そのうちの2頭は小屋の外に出されて、ジュージュー焼き肉にされちゃったの。

—(村人A)それって、バーベキューの起源ですか?

—(ジョルジュの孫)ばーべきゅー? 

ああ、まあ、そうかもしれないわね。だって、ヘルメスは、肉をわざわざ木の串に刺してから、焼いてるんだもの。

それから、肉を焼くのに使った火と火起こし棒は、ヘルメスによって、この時、初めて世界にあらわれたって書かれているのよね。

—(村人A)すごーい、ヘルメス。

それと、うまそー。うらやましい。

あーたもあっしに焼き肉くらいごちそうしたって、バチは当たらないと……。

—(ジョルジュの孫) シャラーープ2! あのね、ヘルメスは結局その肉は食べなかったの。

—(村人A)な、なんで?!

—(ジョルジュの孫)ヘルメスは、肉から串を抜いて、その肉を石に盛って、12片に切り分けて、そして、神々に捧げたの。

だけど、あまりにもおいしそうな匂いに、ヘルメスはくらっとして、思わずパクッとやりたくなったらしい。

—(村人A)わかるなー。うん、うん。串から抜いた時にこぼれおちる肉汁ったら、たまりませんよ! あうっ!! カルビですかね、王道は?

—(ジョルジュの孫)うーん、牛タンネギ塩も捨てがたい……。って、ここは焼き肉談義の場所じゃないの! 

要するに、ヘルメスは、確かに自分の家に牛を連れて帰ってはいないわけ。だから、ヘルメスは噓はついていないのっ!!

—(村人A)ううっ。口の減らない、悪ガキっ!

—(ジョルジュの孫)それなのよね。ヘルメスの特徴は。

編集者・出版社・取次、不要の時代の到来か?

2012年1月20日に当ブログでiBooksを紹介したのですが、その予言(?)が当たったというべきか、ついに、編集者・出版社・取次が不要になるかもしれない兆候が、アメリカで出現しました。

つまりは、編集者も出版社も取次も関与せずに、自力で作成し、自費出版プラットフォーム上にアップした電子書籍出版が売れに売れて、大作家が誕生し、その動向に出版社が対応せざるを得ないということです。

興味のある方は、こちらの記事をどうぞ。

新しい時代の到来です。さて、日本はどうなるのでしょう? 

2013/04/10

へるめす通信43

—(村人A)はーい、じゃ、考えてみまーす。えっと、しらばっくれていながら、噓じゃない言い訳。しらばってくれていながら、噓じゃない言い訳、っと……。

え? それって、矛盾してるじゃないですか?

—(ジョルジュの孫)おー、なかなかいいところに気づいたじゃない! どういう矛盾なのよ?

—(村人A)だって、しらばっくれるということは、ヘルメスは噓をついているってことですよね。

—(ジョルジュの孫)そう、そう。

—(村人A)噓をついているのに、噓じゃない。それって、矛盾じゃないですか。

—(ジョルジュの孫)いいところに気づいたじゃない。

—(村人A)そこなんですよ。あっしは、こんなふうに、いつもすこーし考えるだけで、コトの本質を突いてしまうんですよ。この前も、……。

—(ジョルジュの孫)うるさーい。あんたのそのダラダラ話はもう、いい! 不要!! 却下!!! シャラーップ!!!!

—(村人A)ひどーい。

—(ジョルジュの孫)いいから。それで具体的にはどういう言い訳だと思うのさ。矛盾が成立している言い訳って。

—(村人A)えーっと、うーっと、んー、噓をついているのに噓じゃない言い訳、ですよね。つまり、ヘルメスは牛を盗んだ。それは事実ですよね?

—(ジョルジュの孫)そう。

—(村人A)だけど、牛を盗んじゃいませんといって、それが噓にならないってことですよね? そんな言い訳って、あり?

—(ジョルジュの孫)あるのよね。で、なんて言ったのさ。わかんないの? 考えつかないの? 教えてほしいか? そらそら。

—(村人A)悪魔!

—(ジョルジュの孫)にひゃ、ひゃ、ひゃ。楽しいな、ったら。あのね、キリスト教世界でいう悪魔ってのはね、民間伝承の神々や妖精たちのことなのよ。もともとの土着の信仰の神々が、キリスト教の布教にともなって、次第にキリスト教的な神と相対する悪魔となっていったのよ。つまりだ、私は妖精なのね、あなたにとって。うふ。

—(村人A)性格わるーい。おめでたすぎー。しんじらんなーい。

—(ジョルジュの孫)あんたって、いじめ甲斐があるゥ。

ま、いいや。あのね、ヘルメスはね、こう言ったのよ。「僕は牛を自分の家には連れて来てないもん。本当だもん」、って。

—(村人A)はい? 「牛を自分の家には連れてきてない?」

—(ジョルジュの孫)そうなのよ。そして、それは本当なの。

2013/04/09

へるめす通信42

—(ジョルジュの孫)ヘルメスは、ゼウスの前で、予想通り、お得意のしらばっくれをするの。

—(村人A)いきなり来ないでくださいよ!! いったいぜんたい、いつの話ですかい。まだ、やろうっていうんですか、その話を。

……ま、いいですよ、つきあってあげますよ。えーっと、ヘルメスがゼウスの前で何をしたかってことでしたよね?

それが、しらばっくれ? やっぱりね!! 性格ってのはなかなか変わらないってことですね!! しらばっくれなんて、ワンパターンだぞ、ヘルメスちゃん!!

—(ジョルジュの孫)むひひひ。む・ら・び・と、えーくん。だから、きみは単純なのだよ。コトはそう簡単ではない!

—(村人A)むっ。なんですか。太古の昔にしてたこの連載。もうないと思って、良い気持ちで昼寝していたのに、あっしは、むりやり起こされて、連れ戻されて、記憶の底の底をさらって、はかなく散り果てた記憶の断片を一生懸命かき集めて、そんなこともあったなと思い出して、仕方がないから、一緒にノってあげたというのに! この恩知らず。

—(ジョルジュの孫)確かにね。最近、私のまわりのいろいろなところに、恩知らずが増えているのよね。深刻な話よね。

—(村人A)じゃなくって、あーた自身が恩知らずなんだって。

—(ジョルジュの孫)あーら、そうだったかしら? そんな覚え、全然ないけど。

—(村人A)だーかーらー、ええい(と言いながら、頭をかきむしる)。

—(ジョルジュの孫)だんだん思い出してきたわ。このペース。やっぱり、体にしみこんでいるのね。あんたとのやりとり。

—(村人A)あ・の・ねー。

—(ジョルジュの孫)うふふ。からかうのはこれくらいにして、話をもとに戻そうっと。ヘルメスはね、アポロンにひったてられて、お父さんのゼウスのところに連れていかれて、アポロンから「こいつが私の牛を盗んだですよ」って、責められるのね。

それに対して、ヘルメスは、お得意のしらばっくれをするんだけど、実は噓はついていないという絶妙な言い訳をするの。

—(村人A)えー? どんな?

—(ジョルジュの孫)当ててみそ。

—(村人A)「当ててみそ」の「みそ」はタイポじゃないんですか?

—(ジョルジュの孫)ちがーう。タイポじゃなーい。それにしても、あんた、タイプミスの業界用語、なんで知ってるの? 

—(村人A)だから、禁煙がきつくって。。

—(ジョルジュの孫)それは、パイポじゃ。禁煙パイポ。アホなギャグは相変わらず。。。いや、ともかく、「当ててみそ」でいいの。

—(村人A)……それ、どんなギャグですか?

—(ジョルジュの孫)それは……、そ、そんなことはいいから、先に進みなさい!

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

Amazon

無料ブログはココログ