« へるめす通信49 | トップページ | へるめす通信51 »

2013/06/20

へるめす通信50

—(ジョルジュの孫)アポロンは、ヘルメスに向かって、「キミとキミのお母さんは、神々の間で名声を得るだろう。僕はキミに贈り物をし、そして、絶対にだまさない」って言うのよね。

—(村人A)ワーオ! なんかよくわからないけど、すごそーっすね。

—(ジョルジュの孫)どこがわからんのよ?

—(村人A)エ? うーん、と、そうだなあ、「神々の間で名声を得る」ってところかな。何すか、それ?

—(ジョルジュの孫)要するに、ヘルメスはオリュンポス山に住む12柱の神々、通称「オリュンポス12神」に迎えられたというわけ。

ギリシア神話の中で、神々の住処があったと考えられているのが、オリュンポスという山で、そのてっぺんに最高神ゼウスの宮殿があったと言われているの。

—(村人A)へー、ほー。

—(ジョルジュの孫)このあたりの地理が知りたい場合は、子供向けの本なんだけど、『図解 古代ギリシア』(東京書籍)がとってもよいから、読んでみたら? おすすめよ!

—(村人A)ふむふむ。……、あっしでも読めそう。

—(ジョルジュの孫)そこなのよ。それでいて、中身が濃いのよね。で、話を元に戻すと、ゼウスの宮殿で、神々は饗宴に次ぐ、饗宴の毎日を送っているとみなされているのよね。

—(村人A)毎日! いや、マジで、うらやましい。

—(ジョルジュの孫)毎日は飽きるかもよ。それで、そこにいるのは、ゼウスとその兄弟姉妹だといわれているの。

—(村人A)それが12柱いる、と。ちなみに、誰っすか?

—(ジョルジュの孫)あのね、名前を並べると、つーまんないけど……。いい?

—(村人A)……、わかりやした。覚悟の上だす。

—(ジョルジュの孫)じゃ、いくわよ。ゼウス、ヘラ、ポセイドン、アテナ、アプロディテ、アルテミス、アポロン、そしてヘルメス、さらにはアレス、ヘパイストス、デメテル、ヘスティア(またはディオニュソス)。

こらー、寝るな!!

—(村人A)ハッ! とっても心地良いお経のような趣で、つい……。

—(ジョルジュの孫)あんたの覚悟は、楊枝よりも折れやすいのね。毎度毎度、感心するのは、あんたのその寝付きの良さよ。早すぎる。

—(村人A)にゃは! それほどでも。照れるな。

—(ジョルジュの孫)はあーー。嫌みを言われているのに気づかんのか。。。

—(村人A)わかってますよ。オリュンポス12神に、しっかりアポロンもヘルメスも入っているんでしょ。ブラボーじゃないっすか。

—(ジョルジュの孫)ブラボー、ね。

—(村人A)ブラボーっすよ。そして、アポロンは、ヘルメスに贈り物をあげると約束した。

—(ジョルジュの孫)驚いた。あんた、覚えてたのね。意外に……。

—(村人A)賢い、って言うんでしょ。

« へるめす通信49 | トップページ | へるめす通信51 »

へるめす通信」カテゴリの記事

Amazon

無料ブログはココログ