« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月の2件の記事

2013/09/24

『AERA with Kids』が発売されました

2013年7月に受けた取材が、雑誌に掲載されました。

Aerawithkids 『AERA with Kids』2013年秋号の「日本の神話、世界の神話を知っていますか?」という特集です。

今回、主に小学生のお子さんを持つお父さん、お母さんが読む雑誌から、私のところに取材が来た理由は、小学校で日本の神話を教えることになったからです。

けれども、取材の最中に、「なぜ神話は現代の子供にとって重要なのですか」とたずねられて、私は少し困ってしまいました。

というのも、神話は、道徳的な模範行為を描いているとは言いがたく、はっきり言って、現代人から見ると、エロ・グロ・ナンセンス満載の世界だからです(実は、これが私の研究テーマでもあります)。

つまり、子供のお手本となることを目的とした場合、神話には、エロ・グロの部分をカットする、ないしは当該箇所を修正するなど、細工の必要な箇所が多々あるということです。

しかし、神話が小学校の教科書に載っているというのに、

「ダメダメ、載せちゃ。それを読んでいるそこのボク、ダメダメ、神話の登場人物の行為をまねしちゃ。お姉さんのものを壊しちゃダメだし、弟を半殺しの目にあわせてもダメだよ~。いつか夫婦げんかをした時に、他人に迷惑をかけないようにね」

などと、雑誌の取材中に高らかに宣言するわけにもいきません。

(しかし、反面教師という点では、神話は現代の模範になっていると言えるかもしれませんが。)

このような事情から、教科書に掲載される神話は、(詳細は実物を見ていないのでわかりませんが)できるかぎり教訓的なエピソードになっているのではないでしょうか。

さて、そこで、今回の取材に対する私の苦肉の策。。。それが記事になっています。

ということで、興味のある方は、ご覧いただければ幸いです。

2013/09/09

『渋沢敬三著作集』のデジタル化

すでに終了してしまいましたが、9月7日(土)に、国際シンポジウム「もうひとつの民間学 知識人・文化人としての渋沢敬三」のお手伝いに行ってきました。

パネリストのおひとり、アラン・クリスティ先生とは、かつて、先生が東京大学の文化資源学研究室の客員准教授でいらした時にお目にかかったことがあります。

アラン先生はカリフォルニア大学サンタクルス校の先生ですが、あれから数年経ち、私もカリフォルニア大学と関係を持つことに。

私が都留文科大学で教えているカリフォルニア大学からの留学生が、本国アメリカに帰ると、アラン先生に教わる/教わったかもしれないのです。

それをアラン先生に言ったところ、「僕は、日本の留学先として都留を勧めているんだ。都留はとても良い大学だ」とのお答えが。。。とてもうれしい再会でした。

ところで、今年は渋沢敬三没後50年にあたる年で、さまざまなイベントが企画されているようです。

中でも私が興味深いのは、渋沢の著作集がデジタル・アーカイブ化されつつあること。

興味のある方は、渋沢敬三アーカイブからどうぞ。もし著作集が読みたい場合には、飛んだページの中の

  著作を読む>書籍目次を見る>eReadingで全文を読む

の順にクリックしてみて下さい。

また、今回のイベントは、USTREAMでも見られます。上記のホームページの左側にある、

  関連イベント>2013年9月7日(土)のイベントのアドレス

の順にクリックすると、当日の動画が見られます。

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

Amazon

無料ブログはココログ