« 『大人のための仏教童話』の訂正一覧 | トップページ | 明けまして »

2013/12/25

著書と監修書が電子書籍に and バレエ「くるみ割り人形」

著書『大人のための仏教童話』(光文社新書)と、監修書『神々のからさわぎ』シリーズ(日本神話編と世界の神話編)(東京書籍)が電子書籍になるという連絡を、ほぼ同時にいただきました~!

少しずつですが、電子書籍が浸透してきたということでしょうか。

電子書籍は、普通の冊子体の本と、契約内容が異なるということを、現在、実体験しております。

電子書籍が実際に販売されましたら、またお知らせします。

ところで、クリスマスと言えば、バレエの世界では、「くるみ割り人形」!

ということで、過日、新国立劇場の「くるみ割り人形」を見てきました。

私、実は、小学生の時、もっともなりたかったのがバレリーナだったのです。

しかし、実家の近くにバレエ(アターックのバレーではない)を教えるところがなく、泣く泣くあきらめたのでした。

その後、そんな夢を見ていたことすら忘れ、バレリーナになるどころか、実際の舞台を見ることもありませんでした。

ときおり、テレビでローザンヌ国際バレエコンクールを見るくらいだったので、今回は正真正銘、本当の人生初の生クラシック・バレエ鑑賞!

(ちなみに、かつて、山口昌男先生に連れられて、今は亡きピナ・バウシュの舞台を見たことがあります。贅沢者ですね。)

さて、会場には、バレリーナ予備軍とおぼしき、ふわっとしたスカートをはいた、小学生くらいの女の子たちがたくさんいました。

大きなクリスマスツリーの下には、大きなクマのぬいぐるみと、サンタクロース。

休憩時間には、女の子たちの爪に、キラキラのネイルを塗ってくれるサービスもあって、とっても楽しそう!

ということで、こちらも、とっても幸せな気分になりました

« 『大人のための仏教童話』の訂正一覧 | トップページ | 明けまして »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Amazon

無料ブログはココログ