« 『ユリイカ 3月臨時増刊号 150年目の「不思議の国のアリス」』、刊行! | トップページ | 『星座の伝説大図鑑』の中国語版が出ます »

2015/02/21

MET Live View(メリー・ウィドウ)

1月25日に、MET Live Viewingの「セヴィリアの理髪師」を見に行ったことを書きましたが、あれ以来、私はすっかり、MET Live Viewing のファンに。

ワーグナーの「ニュルンベルクのマイスタージンガー」に続き、本日は、レハールの「メリー・ウィドウ」を鑑賞してきました!

見た感想は、「うーん、メトには外しがない!」。

本当にどれもこれもいいのです!

今回の作品はMETの新演出で、ブロードウェイの俳優やスタッフをふんだんに取り入れているとのこと。

演出は、トニー賞を受賞しているブロードウェイの女流演出家スーザン・ストローマン。

衣装は、6度のトニー賞受賞者W・I・ロング。

ブロードウェイ女優のケリー・オハラが、オペラ歌手にひけをとらない歌唱力を披露し、3幕目には、フランスのマキシムでフレンチ・カンカンを踊るというシーンがあり、見事なダンスを披露しています。

そして、主人公のアンナ役は、METのソプラノ、ルネ・フレミング。

ケリー・オハラもよいのですが、フレミングの歌声は格がちょっと違うといった感じ。迫力がありました。

ということで、見たくなった方、こちらから、本番さながらのリハーサル風景のサンプル映像が見られますので、どうぞ。

« 『ユリイカ 3月臨時増刊号 150年目の「不思議の国のアリス」』、刊行! | トップページ | 『星座の伝説大図鑑』の中国語版が出ます »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Amazon

無料ブログはココログ