« ゴールデンウィーク(平成27年)の巻 | トップページ | 空を飛んだネコ »

2015/06/14

6月の近況

このところ、かなり大がかりな新プロジェクトの立ち上げに奔走しておりまして、ブログの更新が止まりがちになっており、たいへん申し訳ありません。

プロジェクトの方は本格的に動き出しましたら、いずれまたここで報告することにいたしますが、最近、痛感するのは、日常生活で、いろいろとやらなければならないことの中で、自分の関心事に対する情熱を持ち続けることの困難さです。

どんな人も、やらなければならないこと、義務としてこなさなければならないことがあるわけですが、自分の研究・興味関心が、それらとどんどん乖離してしまうので、バランスをとる、あるいは研究を忘れないようにするのがとてもたいへん。

そういうことは誰にでもあると思うのですが、私も今、まさにそういう時期にいるのかなと思います。

そういえば、生前の山口昌男先生が、まだ杖をついて歩くことができていた頃、一日に3つも4つもかけもちで、映画やら美術館やら、書店やら画廊やら演劇やらに出かけていったことを思い出します。

かつてある知人の女性が、山口先生と一緒に、映画を3本、立て続けに見たらしいのですが、「山口先生だから許すけれど、こんな過酷な映画鑑賞に、女性を誘うものじゃない!」と愚痴をこぼしておりました。

しかし、おそらく先生は、無理矢理にでも予定を入れて、自分に刺激を与え続けたに違いないと、最近になって気づいた次第です。

ということで、もろもろの事情で、なかなか進んでいませんが、ある原稿を、本当に亀のようなのろさで少しずつ書き進めており、また、昨年度から、演劇鑑賞に加えて、オペラ鑑賞(といっても、予算の関係で、ライブビューイングなのですが)も、無理矢理、予定に入れるようにしております。

実は、オペラを見ていて、なぜ山口先生は書かなかったのだろうと疑問に思ったほどの、非常に興味深いテーマを見つけました

こちらの方も、そのうち、成果を活字化したいなあと思っております。

« ゴールデンウィーク(平成27年)の巻 | トップページ | 空を飛んだネコ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Amazon

無料ブログはココログ