« 『学習ポケット図鑑 星座の伝説図鑑』が届きました | トップページ | ユージン・オニール『詩人かたぎ』とアリ・ペッカ・ラッティ『アイロハシュ―太陽の息子』 »

2015/07/24

大塚ひかりさんとの対談

本日、『芸術新潮』誌の企画で、エッセイスト・大塚ひかりさんとの対談を行ってまいりました。

大塚さんとは初めてお会いしたのですが、ありがたくも拙著『クソマルの神話学』を「愛読書です」とおっしゃっていただきました。

対談早々、大塚さんの口から飛び出した「××××」の4文字(どんな内容かは雑誌をご覧ください。が、果たして載るのでしょうか)が、雰囲気を一気に明るいものへ。

話を進めてみると、大塚さんも、私も、期せずして現代のタブーに触れてしまったりして、興味関心だけでなく、同じような経験をしていたことがわかり、たいへん楽しく、面白い対談でした。

雑誌が出る頃になりましたら、またこのブログでお知らせいたします。

大塚さんの御著書は多数で、今更ではありますが、私がサインをいただいた、新潮社から出版されている『本当はひどかった昔の日本: 古典文学で知るしたたかな日本人』を、ここで紹介いたします。

 

« 『学習ポケット図鑑 星座の伝説図鑑』が届きました | トップページ | ユージン・オニール『詩人かたぎ』とアリ・ペッカ・ラッティ『アイロハシュ―太陽の息子』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Amazon

無料ブログはココログ