« 『芸術新潮』発売になりました~ | トップページ | ヴィトカッツイの「母」(1) »

2015/09/29

叙事詩、再発見

ついにやってくる90歳の演劇界の巨匠、ピーター・ブルックの『Battlefield』

ブルックは、1985年に、伝説となった9時間の大舞台『マハーバーラタ』を上演していますが、この11月下旬に、日本で『マハーバーラタ』をもとにした『Battlefield』が上演されます。

一般予約開始の9月26日朝10時に、インターネットで予約をしようと思ったら、どこのホームページも、アクセス不能の状態に。

しかし、思い切って特設の電話番号にかけてみると、あっさりとつながり、チケットを無事ゲット!

ということで、長年見たい、見たいと思っていたブルックの『マハーバーラタ』をついに見ることができます。

ちなみに、『マハーバーラタ』は、『イリアス』『オデュッセイア』とならんで、世界3大叙事詩のひとつとされていますが、近年、演劇界では、こうした叙事詩やギリシャ悲劇がブームになりつつあるのではないかとひそかに思っています。

『マハーバーラタ』といえば、昨年2014年9月に、静岡県舞台芸術センターが『マバーバーラタ~ナラ王の冒険~』を上演していますし、ギリシャ悲劇の方は、ルーマニア国立ラドゥ・スタンカ劇場による『オイディプス』が、来月10月に来日公演をします。

Twitterなど、文章がどんどん断片化し、短くなっていく時代の中で、叙事詩やギリシャ悲劇の上演は、一種の反時代的試みといえるかもしれません。

« 『芸術新潮』発売になりました~ | トップページ | ヴィトカッツイの「母」(1) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Amazon

無料ブログはココログ