« マクベスと谷間の女たち | トップページ | 三島由紀夫『近代能楽集』とヴェルディ『イル・トロヴァトーレ』 »

2015/10/27

舞台

このところ、舞台の報告が続いていますが、本日も懲りずに鑑賞した舞台の報告です。

前回のエントリから本日のエントリの間に見た、ライブビューイングを含めた舞台は4つあります。

1つめは、ルーマニア国立ラドゥ・スタンカ劇場による「オイディプス」(於 東京芸術劇場)。

この舞台は、ソポクレス作の「オイディプス王」と「コロノスのオイディプス」の2つを合体させた現代版で、オイディプスの死まで含んだ彼の後半生を描いていました。

個人的には、ソポクレスの「オイディプス王」を改変せずに、そのまま上演したものが見たいなあと思いました。

2つめは、あのヘンリック・イプセンの遺作にして、なんと未完のオペラ台本となる「山の鳥」(於 シアターX)。

これはノルウェーのオスロからやってきたフルソムへテン劇団による日本語字幕付の上演で、舞台衣装が見事でした。

イプセンは、晩年になるほど、どんどん作品が幻想的になっていくのですが、今回もそのような感じでした。

いずれにしても、イプセンがオペラを書いていたとは知りませんでした。非常に珍しい作品でした。

3つめは、ナショナル・シアター・ライブ2015の「コリオレイナス」。いわずと知れたシェイクスピアの作品です。

「コリオレイナス」はこれまでに2回ほど見ているのですが、今回はホンモノのコリオレイナス、ホンモノの軍人に見えました。

コリオレイナス役はすごい演技だったなー、と思いつつ、調べてみると、なんと彼は、このコリオレイナス役で、2014年のロンドン・イブニング・スタンダード・シアター・アワードの最優秀男優賞を獲っていました。そうでしょうとも!

しかも、彼―トム・ヒドルストン―はそもそも有名な俳優だったのですね。私、知りませんでした。

4つめは、新国立劇場演劇研修所の第9期生によるガルシア・ロルカの「血の婚礼」(於 新国立劇場)。

このタイトルの中で言われている「血」には2つの意味があります。

これを、ロルカが戯曲の中で、どんなふうに描いているのかというと、花嫁が、花婿の父親と兄を殺した一族の男と、婚礼の日にかけおちしてしまい、最後にはその男と花婿がナイフで殺し合って、二人とも死ぬという形になっています。

つまり、戯曲の中で、血は、具体的にナイフで殺されたときに出る赤い体液を指す一方、あらがうことのできない、血統とも呼べるようなものに呑み込まれ、意思に反して、それにしたがってしまうということを意味してもいます。

今回見た舞台はどちらかというと、前者の血の意味が強調されていたように思われましたが、前回2006年8月ベニサン・ピットで見たアリ・エデルソン演出の「血の婚礼」は後者の血の意味が強調されていました。

同じ戯曲でも、力点の置き方によって、ずいぶんと印象が異なるなと思いました。

« マクベスと谷間の女たち | トップページ | 三島由紀夫『近代能楽集』とヴェルディ『イル・トロヴァトーレ』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Amazon

無料ブログはココログ