« 村上隆の五百羅漢図展 | トップページ | イヨネスコとピーター・ブルックとワーグナー »

2015/11/22

地上に広がる大空

ここのところ、映画・演劇鑑賞日記と化しているこのブログ。

いまだ映画・舞台鑑賞の日々が続いております。

村上隆展の後は、ラピュタ阿佐ヶ谷で、昭和30年代の映画をいくつか見、

次にMET(メトロポリタンオペラ)のライブビューイングで、シェイクスピアの『オセロ』をもとにした『オテロ』、

その次にナショナルシアターライブの『リア王』(私のリア王観劇史上最高の舞台でした) 、

招待いただいた神武夏子(こうたけ なつこ)さんの「古事記を奏でる」というピアノリサイタル(古典エッセイストの大塚ひかりさんとお会いしました)と続き、

本日は、アンジェリカ・リデルの『地上に広がる大空(ウェンディ・シンドローム)』を東京芸術劇場に見に行ってきました。

しかし、なにが驚いたって、今日の『地上に広がる青空』は、上演時間が2時間40分。なのに途中休憩なし。

入り口には、性的な場面があるとの注意書き。

さらには、「一度外に出た際には、同じ席には二度と戻れず、後ろの方の席に座っていただきます」との案内があり、「これからいったい何が始まるの?」と緊張感が走りましたが、見終わった後は、「つ、つ、つ、疲れた。。。」

観客にトイレにも行かせず、席を立つことも禁じて、ほぼ同じ内容の踊りや歌やモノローグを大音量で、これでもか、これでもかと聞かせるなんて、自慰行為にも等しいのではないか。。。

と思ったら、劇の冒頭部分がそのものずばりの自慰シーンでした。

このシーンは、『地上に広がる大空』の内容や演じる空間そのものも含めて、すべてが自慰行為であり、そこから抜け出られないことをリデルがほのめかしていて、一種のナルシシズムへの批評にもなっているのではないか、などとも考えましたが、いずれにせよ、疲労感が残りました。

« 村上隆の五百羅漢図展 | トップページ | イヨネスコとピーター・ブルックとワーグナー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Amazon

無料ブログはココログ