« 地上に広がる大空 | トップページ | 孔雀グモのダンス »

2015/12/08

イヨネスコとピーター・ブルックとワーグナー

ここのところ、精神面、身体面で不調だったため、ブログ更新がとどこおっておりました。

いつものぞいてくださっている方々、まことに申し訳ありません。

ストレスが体に出てしまうと、本が読めなくなってしまうのですが、以前にすでに申し込んでいた演劇だけは、時間が経てばやってきて、払ったお金がもったいないので、行かざるを得ません。

ということで、すでに過ぎ去ってしまったのですが、この期間、イヨネスコの『犀(サイ)』、あの20世紀を代表する90歳の演出家ピーター・ブルックの『バトルフィールド』、METのライブビューイングで、ワーグナー作曲、ジェイムズ・レヴァイン指揮の『タンホイザー』などを見ておりました。

これ、3つともに、良かったです。

不調でなければ、どんどこ、感想を書きたいと思ったほど、良かったです。

とくに長年見たいと思っていたブルックの舞台は、たいへん洗練されていたのですが、一方で、なんというか、既視感のようなものがありました。

たぶんブルックが衝撃を与えたという昔の舞台を、後代の舞台人が模倣し、私はその模倣の方に馴染んでいたために、本家本元が新鮮に見えなくなってしまったのではないか、と推測しています。

一方、『タンホイザー』を見たところ、ニーチェがあれほどワーグナーに惹かれ、その後、ワーグナーと別れた理由が強烈に知りたいと思いました。

これは神話的世界の解明とも関係している問題なので、今後もワーグナー作品を見続けてみたいと思います。

« 地上に広がる大空 | トップページ | 孔雀グモのダンス »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Amazon

無料ブログはココログ