« ピーター・シェーファーの『エクウス(馬)』 | トップページ | ギリシャ悲劇と価値の衝突 »

2016/07/21

アンドリュー・ロイド = ウェバーのミュージカル

ミュージカル『キャッツ』や『オペラ座の怪人』で有名なアンドリュー・ロイド=ウェバー。

先日、彼のミュージカル『ヨセフと不思議なテクニカラー・ドリームコート』を見てきました。

もとになったストーリーは、『旧約聖書』の「創世記」に出てくるヨセフの物語。

ヨセフは、兄弟の中で最も父親からかわいがられていたので、兄たちに嫉妬されていました。

そのヨセフが、あるとき、兄たちが自分の足下にひざまずく夢を見たと告げます。

夢は未来を予言すると信じられていたので、夢を正しく解釈できる能力は、特殊能力に相当するものだったわけですが、兄たちはただでさえ嫉妬を感じていたヨセフに、この先屈するのかと激しい嫉妬を感じ、ヨセフをエジプトに奴隷として売ってしまうのです。

しかし、ヨセフは、その夢を解釈する特殊能力のために、(「創世記」の中では神がヨセフとともにあったためとされていますが)、ついには次のような、ファラオの夢解きまで行います。

「今から7年間は豊作だが、それから7年間は凶作になる。だから、最初の豊作をたくわえておき、後の凶作に備えなさい。それをとりしきる知恵のある人物を見つけて、国を治めさせなさい。」

そこで、ファラオはヨセフに高い地位と重要な役割を与えて、凶作への対策を行わせます。

すると、ヨセフが解釈したとおりの状況になったため、ヨセフをいじめた兄たちが食糧を求めて、エジプトのヨセフのもとにやってきて、いつか見た夢のように、ヨセフにひざまずいた、という話です。

私にとっては、夢解釈が舞台のテーマになっていることが非常に興味深かったです。

『旧約聖書』の物語でありながら、コメディになっていることも驚きでした。

また、音楽はよかったです。

さすがのアンドリュー・ロイド=ウェバー、というところでしょうか(若干、『キャッツ』に似ているような気がしましたが)。

以下に、ロイド=ウェバーの『メモリー』と『ピエ イエズ』を挙げておきます。

『メモリー』はエレイン・ペイジ、『ピエ イエズ』はアンナ・ネトレプコのヴァージョンでどうぞ。

 

« ピーター・シェーファーの『エクウス(馬)』 | トップページ | ギリシャ悲劇と価値の衝突 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Amazon

無料ブログはココログ